• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニッポン男児の心をとらえる様式美とは

NTTドコモのケータイに見る「日本的仕草」の表現(その2)

2007年3月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、NTTドコモ(9437)の携帯電話を例に、「道具の使い手を美しく見せる技術」について考えてみました(前回の記事はこちら)。ものづくりに携わる日本の技術者やデザイナーが、知らず知らずのうちに手中にしつつある誇るべきワザの1つです。最後に少しだけ、このワザが未来の携帯機器の姿である「ウエアラブルコンピューター」で大きなアドバンテージになるという話に触れました。今回は、もう少しこの話題を続けたいと思います。

写真1

NTTドコモの携帯電話「D702iF」。女性をメインターゲットに開発した (写真:稲垣 純也)

 前回の記事に対する読者コメントに「ウエアラブルは“着られる”ではなく、“身につけられる”と訳すべき」という指摘がありました。全くその通りです。ウエアラブルな道具の大先輩には、既にメガネや腕時計があります。今となっては当たり前のように肌身に触れているこれらの道具は、今の居場所を確保するまでに大変な苦労を乗り越えてきました。

 13世紀頃には既に現在の形に近い双眼レンズのメガネが実用化されていましたが、必要な時だけ手に持ってかざすオペラグラスのようなものでした。その後、長い年月をかけて居場所を探し求め、今のような耳架け型が定着するのは17世紀に入ってからのことです。同様に、腕時計も苦難の道のりを歩んできました。駆動機構の小型化で懐中時計が登場したのは15世紀のこと。まずは仮住まいとして上着のポケットに間借りして、紳士用の腕時計が一般化したのは20世紀に入ってからです。メガネは耳に、時計は腕に、終の棲み家を見いだすのに400年近くもの時間を要しているのです。

携帯電話は第2世代のウエアラブルの萌芽

 人の作り出したメカが、異物でなく身体の一部として受け入れられるためには大変な努力が必要なことが分かります。先輩のメガネや腕時計でさえも、今の居場所が安住の地かどうかは不確かです。携帯電話が当たり前の若者世代は腕時計をしなくなっているという話をよく聞きます。

 携帯電話は、通信機能だけでなく、腕時計から財布、身分証明書、鍵、鏡、手帳、テレビ、カメラ、音楽プレーヤーなど、これまで「懐中」「ポケットサイズ」と冠のついたあらゆる機能を取り込むブラックホールのような魔法の装置です。衣服やメガネ、腕時計を第1世代のウエアラブルとすれば、携帯電話は第2世代のウエアラブルの端緒となる機器と言ってもいいかもしれません。メカやエレクトロニクス技術を織り込んだ本格的なウエアラブルコンピューターの登場なのです。

 前回紹介したように、この第2世代のウエアラブルが、携帯使いこなし先進国のこの国で、「使い手を美しく見せる」フェーズに入っています。NTTドコモの携帯電話「D702iF」に代表されるようにデザインを意識した携帯電話が続々と登場しているのは、「機能的な便利」や「道具自体のデザインが美しい」を超えて、ウエアラブル時代をにらんだ「使い手の美しい立ち居振る舞いが誘発する」という高い次元の設計志向へと進んでいることの証左でしょう。何しろ、電子と電波を身にまとう第2世代の“衣服”なのですから。

写真2

「D702iF」を企画に携わったNTTドコモの佐藤一裕さん(左)と、長沼知春さん(右) (写真:稲垣 純也)

 「D702iF」の企画に携わった長沼知春さんによれば、デザイン性を重視した携帯電話は着実に売り上げを伸ばしているそうです。当初は、デザインと機能のトレードオフが明らかだったのですが、電子部品のモジュール化で機能性とスタイリッシュが両立できるようになり、もはやデザイン系の携帯電話は廉価版という位置づけではないのです。

 女性の所作の美しさを引き出す技術として、携帯電話のデザインと、自動車や冷蔵庫に使われ始めた半ドア防止技術「オートクロージャー」を前回紹介しましたが、実は使い手の美しい立ち居振る舞いを誘発させる道具は、ほかの分野でも現れています。

コメント12件コメント/レビュー

携帯電話の進化は目を見張るものがあります。最初は形状も大きく重く、ただ話せれば良いという感じでしたが、機能が増え最近ではテレビを見る事もできます。機能がある程度までいくと、差別化を図る為、スタイルに拘るのは当然の成り行きでしょう。そのスタイルに関し、日本人の”女の美し(繊細)さ/男のかっこよさ”の仕草を表現するという事はビジネスチャンス及びビジネスの流れとして、おもしろさを感じます。ただ、本当のかっこよさ、美しさとはもっと内面的なものであり、文中の車の運転/書道等のプチ勝負を気にしてるようでは成熟さが足りないのでは。(2007/04/22)

「川口盛之助の「ニッポン的ものづくりの起源」」のバックナンバー

一覧

「ニッポン男児の心をとらえる様式美とは」の著者

川口 盛之助

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)

盛之助 代表取締役社長

戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにてアソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

携帯電話の進化は目を見張るものがあります。最初は形状も大きく重く、ただ話せれば良いという感じでしたが、機能が増え最近ではテレビを見る事もできます。機能がある程度までいくと、差別化を図る為、スタイルに拘るのは当然の成り行きでしょう。そのスタイルに関し、日本人の”女の美し(繊細)さ/男のかっこよさ”の仕草を表現するという事はビジネスチャンス及びビジネスの流れとして、おもしろさを感じます。ただ、本当のかっこよさ、美しさとはもっと内面的なものであり、文中の車の運転/書道等のプチ勝負を気にしてるようでは成熟さが足りないのでは。(2007/04/22)

「格好良さを追求するデザイン」までは言いたいことは分からないでもないが、予め「格好良い仕草」を決めて、それを実現するためのデザインというのは間違いだろう。携帯を手首のスナップで開けるって実際に街中でそんなことしている人をみたら、「うわ、なんだあの恥ずかしい奴は」って思いますよ。自分が格好良いと思っていても他人も格好良いと思うかどうかは別のことです。西部劇の銃をくるくる回すのは誰かがやってみて格好良いと思われたから定着したのです。最初から「銃をくるくるまわすと格好良いから、回しやすいようにトリガーの周りに丸い輪を作ろう」なんてデザインしたのではありません。まずは「どういう仕草が格好良いのか」という調査を行ない、それに適したデザインとは?というのが正しい流れでは?(2007/03/28)

日本の女性は世界でもてるほうだと思うんですが、日本の男性はいまひとつ世界の女性に人気がないと感じます。要するに日本全体が女性的だからなんですね。ひけ目に感じないでどんどん日本風、女性的な優しい技術を開発していけばいいと思いました。私はガッツポーズを禁じる日本の優しさが上品で誇らしいと思います。相手の気持ちを考えるというのが制度化しているというのは、美しい土壌の文化だと思います。(2007/03/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長