• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「大学教授と企業のCTO、
2つの顔で産学連携を実践します」

  • 丸山正明

バックナンバー

2007年3月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

図版

グレース・ケリーがほほえむ大きな化粧品のポスター(画像データはホソカワミクロン提供)

 大阪大学接合科学研究所の所長を務める野城(のぎ)清教授の所長室に入ると、往年の大女優、グレース・ケリーがほほえむ大きなポスターが目に飛び込んでくる。大学教員の部屋を飾るものとしては、かなり異質なものと言える。「グレース・ケリーのファンなのですか」と聞くと、「事業化にかかわった化粧品のポスターです」との答えが返ってくる。女優グレース・ケリーは、ホソカワ粉体技術研究所(大阪府枚方市)が製造する化粧品「ナノクリスフェア」シリーズのイメージキャラクターなのである。この化粧品はDDS(ドラッグ・デリバリー・システム、薬物輸送システム)を応用した製品である。

 野城教授はホソカワミクロンの取締役・CTO(最高技術責任者)と子会社のホソカワ粉体技術研究所の取締役を兼務する。野城教授は、大学の研究開発者と企業の研究戦略立案者の両方の才能を持つ、日本では希有(けう)な存在の人なのである。2001年3月に国立大学の教員として、日本で最初に1部上場企業の研究開発担当取締役の兼務が認められた人物である。大学と企業の二足のわらじをはく“1人で産学連携”を実践する面白さについて聞いた。

――ホソカワミクロンと出合ったきっかけは。

図版

大阪大学接合科学研究所所長を務める野城清(のぎ・きよし)教授

野城 1980年後半当時、大阪大学大学院工学研究科の材料系専攻(現、マテリアル生産科学専攻)の助教授でした。研究テーマの1つとして、粉体の基本となる粒子の複合化などを研究していました。粒子表面などの界面を制御することで、複合粒子を設計する研究で成果を出していました。粒子の複合化を研究していたことが縁で、粉体粉末機器メーカーのホソカワミクロンに奨学寄付金などの寄付金を頼みに行きました。気楽に行ったと記憶しています。

 この時に粉体について議論し、知っていることは丁寧に学術的に説明する一方、よく知らないことは知らないと正直に伝えました。これが、「信用できる大学教員」だとの印象をホソカワミクロンの経営陣に与えたようです。企業の経営者や研究開発者が困っている問題への助言を大学教員に求めると、一般的に多くの教員はあまり知らないことでも、原理原則論を話して煙に巻くことが多いようです。ホソカワミクロン経営陣は、私がこうした態度を取らない点を気に入り、交流が始まりました。

――企業の経営陣や研究開発者と馬が合った理由は。

野城 当時から「実用化しない大学の研究成果は意味がない」という信念を持ち、実用化するための筋道をあれこれ考えていました。こうした実用化を前提とする発想による課題の立て方が、ホソカワミクロン経営陣や研究開発者と議論した際に、内容のある結論を導くことが多かったようで、交流が続きました。大学教員としては、かなり変わった人と思われ、気が合ったようです。

 企業の研究開発者としての発想を基に議論した実績から、2001年にホソカワミクロンの取締役・CTO就任の話が浮上しました。この当時の日本は、産学連携による社会貢献が大学の第3の責務であるという概念がいくらか育ち始めていましたが、まだ広くは認められていませんでした。国立大学の教員が企業の取締役を兼務することは“想定外の人事”だったようです。文部科学省や人事院、そして阪大も、兼業申請の判断に苦慮したようです。いろいろな紆余曲折(うよきょくせつ)を経て、ホソカワミクロン取締役の兼業が認められました。

――ホソカワミクロンでの仕事は。

コメント0

「シリーズ「産学連携」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授