• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新米副館長、ミュージアム経営奮闘記(3)
~科学少年少女が夢見る「甲子園」になりたい

  • 中島 義和

バックナンバー

2007年4月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本科学未来館に着任して半年が経った。経営課題もはっきり見えてきた。

 第1に、企業で言うと商品・製品に当たる展示物(常設展示・特別企画展示)を、どのように質の高いものに作り上げていくか。この半年間にわたって館内でずいぶん議論をした。限られた小グループからの企画立案では、アイデアが枯渇しやすいという指摘もあり、もう少しオープンで幅の広い議論ができるプロセスを取り入れることにした。

 この展示を作り上げていくプロセスを検討する際には、私自身が過去経験した自動車の商品開発のプロセスがとても参考になった。テーマを探す科学技術スペシャリストと、それを展示コンセプトに落としていく展示手法スペシャリストの協働は、トヨタ自動車や独BMWにおける開発エンジニアとカーデザイナーの関係を想起させた。

来館者を増やしたい、だが増えすぎるのも問題

 第2に、企業で言うと売り上げに当たる入館者数をいかに増やしていくかという課題である。未来館は2001年にオープンし、初年度42万人の入館者からスタートした。翌年以降、58万、62万、63万、71万人と着実に入館者数を伸ばし、本年度(2006年度)は75万人を超えそうである。

 通常、この種の博物館、あるいはアミューズメントパークの例を取っても、開館2~3年目までは入場者は増えるが、その後はリピート客の減少に伴って低下していくのが一般である。その意味では、開館以来6年連続右肩上がりというのは、驚異的なことだとも言える。

 しかしこれは大きな課題とプレッシャーを未来館に与えている。当然ながら入館者数という数値目標は経営指標の1つの柱である。だが一方で、未来館は国立のサイエンスミュージアムとして「先端科学技術の理解増進拠点」というミッションを持つ。

 現状では平日で1500~2000人、土日祝日で3000~4000人の入館者に来ていただいている。だが、これ以上入館者が増えると、十分な解説ができるのか、十分に理解、満足して帰っていただけるのかという心配が出てくる。入館者が増えた場合、特に土日の対応方法の改善とシミュレーション、あるいはインタープリター(解説員)の増強などを念頭に入れながら、数量(入館者数)と質(満足度・理解増進度)の最適解を求めなければならない。

 未来館の集客に関して言うと、毛利衛館長の果たす役割を考えないわけにはいかない。未来館の人気を支える大きな要素が、知名度抜群の毛利館長の存在である。宇宙飛行士でもある毛利館長が出演する未来館主催のイベント・講演は、いつも館の内外を問わず超満員で、現場の企画担当としてはぜひ毛利館長を引っ張り出したいという思いが強い。毛利館長がいなかったら未来館はここまで来なかったという指摘は、まさにその通りだろうと思う。その意味で、未来館は館長の知名度に少し頼りすぎというアキレス腱を持つ。

 このことについて毛利館長と話し合う機会があった。毛利館長自身も状況を正しく認識しており『私も永遠に館長でいられるわけがないのだから、ポスト毛利のシステム、プロセスを考えておいてください』と言われた。そうは言われても、余人をもって代えがたい人物だけに、あと最低5年はいてもらうという前提(私の個人的希望)で中期的課題としてじっくり検討することとした。もちろん毛利館長に過大な負担をかけるのは、今すぐにでも改めることとしたい。

コメント2

「Tech Focus」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長