• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ゴミ削減の切り札、レジ袋の有料化広がる

懸念された客離れはほとんどなし

  • 相馬 隆宏

バックナンバー

2007年4月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年1月から、スーパー最大手のイオンとサミットが一部の店舗でレジ袋の有料化に踏み切ったのをはじめ、6月からはイトーヨーカ堂やヨークベニマルなども追随する。価格はどの店舗も1枚5円に設定している。

 狙いは、レジ袋の使用量削減。有料化によって、顧客が買い物袋を持参するように誘導する。例えばイトーヨーカ堂では、まず横浜市内にある「イトーヨーカドー若葉台店」でレジ袋を有料にして、現在約13%にとどまっている同店の買い物袋持参率を60%に引き上げる目標を掲げる。

取り組み不十分なら罰則も

 こうした動きに火をつけるきっかけになったのが、4月1日に本格施行された改正容器包装リサイクル法(容リ法)。小売業に、レジ袋をはじめとする容器包装の使用量削減を求める法律だ。一定規模以上の事業者は、取り組みが著しく不十分な場合、勧告や社名の公表、罰金といった罰則が適用される。

 これまでスーパー各社は、買い物袋を持参した顧客に値引きなどの特典を与えるポイントサービスの導入や、繰り返し使える「マイバッグ」の販売といった方法で、レジ袋の削減に取り組んできた。だが、買い物袋の持参率はスーパー業界全体で十数%にとどまっており、レジ袋の有料化が持参率を大幅に高める有力な手段として浮上している。

 ただ、有料の店舗とそうでない店舗が同じ商圏にあると、無料で配布する店舗に顧客が流れかねない。そのため、多くのスーパーが有料化になかなか踏み切れずにいた。

 そんな中、イオンが昨秋、大手チェーンで初めて有料化を決断した。まず、今年1月から京都市左京区にあるジャスコ東山二条店で実験的にスタート。同店では、22%だった買い物袋持参率が、有料化してから80%に高まった。

 目標の50%を大きく上回っただけでなく、心配されていた客離れもほとんど起こらなかった。有料にした当初は客数が2%程度減ったものの、最近は回復傾向にあるという。3月中旬の1週間では、客数が前年を上回った。

 東山二条店での結果を見て、6月から京都市内の全店と仙台市にある1店舗に有料化を拡大する。

 サミットも、3月末までを予定していたサミットストア成田東店におけるレジ袋の有料化を4月以降も継続する。買い物袋持参率が約30%から約80%超へ改善したことに加えて、売り上げの減少が数%にとどまったからだ。

 スーパーなどが加盟する日本チェーンストア協会は3月28日、買い物袋の持参率を2010年度に会員企業の平均で30%にすると発表した。従来は20%に設定していた目標を引き上げる。これに伴って、レジ袋の有料化に取り組む会員企業を後押しする考えである。

コメント6件コメント/レビュー

ゴミ削減の切り札としてレジ袋がやり玉に挙がっているが、レジ袋を減らせばそれてなりに効果があるだろうが、これは象徴的な事柄であっても、何ら本質的な解決法とならないのは、多くの者が内心思っている筈だ。この問題は第1次石油危機で皆洗剤とチリ紙の購買に殺到した滑稽さに似ている。薄利多売のスーパとしては私的な買い物袋が店内に持ち込まれ、万引き激増となり、経営的にも痛手となるのを心配している筈だが、世論に押されて大声で反対できないでいるのが現状だろう。真にゴミの削減、エネルギ資源の無駄遣いを削減したいのであれば、例えばお茶などペットボトル、缶入りお茶など止めて自分でお茶を入れれば、遙かに効果的だし、それが本体でもある。企業は物流の上流のみに注目して利益挙げるべきでなく、消費者はいたずらに便利さを求めるべきでなく、両者はその最終処理であるゴミ処理まで責任を持つべきだ。(2007/04/19)

「環境トレンドリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ゴミ削減の切り札としてレジ袋がやり玉に挙がっているが、レジ袋を減らせばそれてなりに効果があるだろうが、これは象徴的な事柄であっても、何ら本質的な解決法とならないのは、多くの者が内心思っている筈だ。この問題は第1次石油危機で皆洗剤とチリ紙の購買に殺到した滑稽さに似ている。薄利多売のスーパとしては私的な買い物袋が店内に持ち込まれ、万引き激増となり、経営的にも痛手となるのを心配している筈だが、世論に押されて大声で反対できないでいるのが現状だろう。真にゴミの削減、エネルギ資源の無駄遣いを削減したいのであれば、例えばお茶などペットボトル、缶入りお茶など止めて自分でお茶を入れれば、遙かに効果的だし、それが本体でもある。企業は物流の上流のみに注目して利益挙げるべきでなく、消費者はいたずらに便利さを求めるべきでなく、両者はその最終処理であるゴミ処理まで責任を持つべきだ。(2007/04/19)

ヤッパリこれで一儲けする人たちがいるのだろう。地方自治体、これを機会にゴミ袋一斉値上げをするのかね?無駄な工事ひとつ分の予算をひねり出したいということだろうか?独占的地位を利用してあの手この手で実質税負担をあげようとするのだから地方への財源移譲など不要じゃないか?(2007/04/17)

レジ袋の有料化は、ゴミ削減を大義名分にしただけで、実質は単なる値上げにすぎません。そもそもリサイクル法全般は、大量消費を否定するような資本主義の原理を無視した無謀な政策なので、ひずみが出るのは当然です。消費を抑制するような方策では、法律の抜け穴を利用する業者がでてくるのが自然の流れと思われます。立法府は、容器リサイクル法のような市場原理を無視したマヌケな法律しか考えられないのをあきれてしまいます。家電リサイクル法にしても不法投棄促進法というべき法律であり、リサイクル法で唯一まともなのは、自動車リサイクル法ぐらいです。そもそもゴミをリサイクルする(捨てる)のに、料金を払うというのは馬鹿げています。一番簡単なのは、物を買った時に支払う消費税として処理費用をとっておくのが最も合理的です。今の流れでは、市場原理を無視しているので根本的な解決にはなりませんが、試行錯誤を繰り返さないとわからない役人が法律を作っている以上、しかたがないのかもしれません。(2007/04/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長