• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

泥臭い現場を失わせるもの

論文執筆を目的にすることの愚

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年4月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先月、私にとって29回目となる卒論生を研究室から送り出した。

 30年前に助手として着任してすぐに、4人の学生の卒業論文を指導した。当時、研究室はあまり人気がなかったこともあり、私が指導することになった4人は、決して成績がいいとは言えなかった。でも、明るく元気な学生ばかりで、楽しく研究生活を過ごせた。

 最初の学生たちとのつき合いは、酒を飲むことから始まった。夕方になると、彼らは私を連れて大学の正門前に行き、タクシーを止める。そして、運転手に「歌舞伎町の花園神社の近くに」と言うのだ。当時は私も若く、彼らとあまり違わない年齢だったこともあるけれど、指導教官を連れてタクシーで新宿・歌舞伎町のスナックに乗りつけるような学生は、長い東京大学の生活でもあまり聞いたことがない。驚いたことに、彼らが行きつけのスナックは、私がサラリーマン時代に何度か訪れたことのあるスナックの上の階にあった。

上半身裸でツルハシを振るう卒論生

 その頃、研究室のコンパと言えば、まるでお通夜のようだった。だから、久しぶりに研究室のコンパがあると聞いた私は彼らにお願いした。

 「内容は任せるから、何かイベントをやって盛り上げてくれないかな」

 彼らは「いいんですか」という顔で胸を張ったものだ。

 「カラオケセット、持ち込んでいいですかね?」

 数日後に開かれたコンパは、いつものように静かに始まった。お通夜のような状況が20分くらい続いてからだったろうか。私の合図に応えて、Y君がマイクを取って立ち上がった。

 「今日のエンターテインメントはカラオケです。司会は私、Yにお任せください」

 このコンパがキッカケとなって、それ以降、私たちの研究室には活気が溢れ、毎年元気な学生が集まり、教育と研究が両輪になって進んでいった。私が最初に受け持った4人の学生たちは研究室の功労者である。

 しかし、彼らには、もう少し数理やIT(情報技術)の勉強をさせてあげられればよかったと、今になって少し後悔している。彼らの卒業論文の中味は、ほとんど肉体労働だったからだ。

 4人組の中でカラオケの司会をしたY君、そしてM君の卒論テーマは、新しく発見した自由表面衝撃波という波の特性を明らかにすることだった。実験用に長さ2メートルの模型船が3隻欲しかったのだが、研究費がなかったので研究室で製作することにした。粘土の型にパラフィンを流し込んで実験船を鋳造するのだが、この作業は何十年も行われていなかった。それを復活することにしたのである。

 だから、今でもY君で思い出すのは上半身裸になって、ツルハシを振るっている姿だ。粘土は一度乾燥してカチカチに固まってしまうと始末に負えない。それを壊すためにツルハシを使うのである。おかげでY君とM君の研究は、ほぼ1カ月間、完全に土木作業だった。ようやく3隻が完成したのは、卒論提出期限の1カ月前のことである。

コメント8

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授