• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「失敗は成功の母」を信じるなかれ

狩猟民族的な組織がイノベーションを生む

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年4月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「人は、失敗を重ねて成功に至る」というのは間違いである。失敗ばかりでは落ちていくだけだ。小さな成功体験を積み重ねてこそ、大きな成功を手にできる。

 負けてばかりいるサッカーチームは、いつまでたっても弱いチームでしかない。負け癖とはよく言ったもので、それを解消できない限り、いずれチームは消えてしまうだろう。負けてばかりいるチームに参加したいというフレッシュマンもいないに違いない。

 もちろん、失敗体験も大切だ。ただし、失敗から得られるのは成功への道筋ではなく、初心である。初心に帰ることが成功につながり、その成功をバネに人間は成長していく。

 技術開発でも、企業経営でも、成功を収めるために意識しなければならないことがある。それは、「機能」と「構造」の関係である。

ものづくりの歴史は機能と構造の追求にあり

 旅客機は単純化すると、円筒型の胴体に5つの翼がついた構造をしている。この構造によって、安全に効率よく空を飛ぶという機能を果す。同じ飛行機でもステルス戦闘機は、胴体と翼が一体になって区別できない、旅客機とは全く異なった構造になっている。これは、旅客機の2倍以上の速度で飛んで、なおかつ敵に探知されないという機能を優先するからだ。

 すべてのモノは、目的の機能を達成するための構造を備えている。構造と機能の関係は、モノを設計する時に大変重要で難しいことなのだ。空を飛ぶという機能はとても高度なので、構造を少しでも間違えると、飛ばなかったり、不安定な飛行をして危険性が高まったりする。

 建物の構造と機能の関係は、航空機ほどは複雑ではない。自重と地震に耐えるという機能を満足すれば、あとは自由に意匠を楽しむことが許される。

 いずれにせよ、ものづくりの歴史は人間が求め、かつ自然が許す機能を実現するための構造を追求してきたということが言える。ものづくりの場合は、構造と機能の間に自然現象が介在しているから、自然現象を理解し、コントロールする技術が機能の実現に必要なのだ。

 求める機能を実現するための構造をつくることは設計の重要部分である。これは経営でも同じことが言える。会社として求める機能を実現するためには、それに合った組織構造をつくらなければならない。これは、設計と同様に経営の重要部分である。

 素晴らしい機能を発揮する組織構造をつくることは、そう簡単なことではない。ものづくりと違って、組織構造と機能をつなぐのは人間だったり、人間社会だったりするので、場合によっては、ものづくりより難しいことも多い。

 組織改革を試みて、結局何も得るものはなかったという例は枚挙に暇がない。しっかりと機能する組織構造をつくるためには、大きな経営力がいるのだ。

コメント44件コメント/レビュー

誤った組織やプロセスによってもたらされた失敗に対しては 初心に戻ってそれらを見直す事が必要で有るという事ならわかります。この場合、ただただ何度も失敗を繰り返す事は 無益であると思います。小さくても成功を繰り返す事で、試行錯誤のうちに目標達成の為の組織やプロセスの正しいあり方を学んでいくということなら、それもわかります。しかし、この場合には 失敗から学べる事も有るでしょう。目指すべき方向が正しければ、失敗は決して無意味な物にはならないと思います。筆者は 「負け癖」を目標設定やその達成方法が間違っている例えとして、それを失敗し続ける日本型の組織運営のあり方と関連づけて論じたかったのだと思うのですが、肝心の結論の部分が文章のあちこちに散らばっていて、最後にきっちりと纏められていないので、なんか分かりにくいですね。(2007/05/07)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

誤った組織やプロセスによってもたらされた失敗に対しては 初心に戻ってそれらを見直す事が必要で有るという事ならわかります。この場合、ただただ何度も失敗を繰り返す事は 無益であると思います。小さくても成功を繰り返す事で、試行錯誤のうちに目標達成の為の組織やプロセスの正しいあり方を学んでいくということなら、それもわかります。しかし、この場合には 失敗から学べる事も有るでしょう。目指すべき方向が正しければ、失敗は決して無意味な物にはならないと思います。筆者は 「負け癖」を目標設定やその達成方法が間違っている例えとして、それを失敗し続ける日本型の組織運営のあり方と関連づけて論じたかったのだと思うのですが、肝心の結論の部分が文章のあちこちに散らばっていて、最後にきっちりと纏められていないので、なんか分かりにくいですね。(2007/05/07)

もう一つ別の記事も。「世界の匠になった義理人情の人(最終回)」 http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20070424/123465/ でも,岡野雅行さんの言葉として「技術ということでいえばね、プレス屋にしても、小さいところの方が大きいところより、腕を持った職人がいる。一流の会社でもそうだろう。失敗をおそれるから、何もできない。そういうサラリーマン化した者から、斬新な発想がでるわけないよ」と記されています。組織の大きさについては宮田氏と同じ認識を持ちながら,失敗については正反対の認識になっている。さてどちらの記事が説得力があるかというと,私にとっては一読瞭然。実際にリチウム電池ケース,ナノパスという成功を積んできた岡野氏の経験から生まれた言葉は重い。(2007/05/03)

いまさら、狩猟民族も農耕民族もないとおもいますがね~。どうして学者さんってそういうわけ方するんですかね?例えば「トヨタ」が成功したのは狩猟民族が多かったから?言いたいことは間違っているとは思いませんが、目を引くためにわざわざ「失敗は成功の母を信じるな」というタイトルも若干こじつけのような気がしますが。。。(2007/05/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長