• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

時間と気持ちを惜しんでいませんか

手間と情熱をかけた教育の大切さ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1985年はプラザ合意の年、私は37歳だった。この年の夏の終わりに米国を旅した。ワシントンDCでの国際会議に出席した後、大陸を横断して西海岸のロサンゼルス郊外にあるパサデナに向かった。カリフォルニア工科大学のK教授に、当時まだ12メートル級だったアメリカズカップ艇の設計案を説明するためだ。

 丸1日かけた説明の翌日は、サンディエゴにいた。有力な技術コンサルタント会社で、船の波のコンピューターサイエンスについて講義を行った。当時、私の研究室は船の波の研究では世界のトップクラスにあり、特に波のコンピューターサイエンスに関しては先頭を走っていた。

 ちょうどこの時期、カリフォルニア大学サンディエゴ校ではコンピューターセンターを建設中だった。今でこそ、コンピューターと言えば米国の方が先進的というイメージがあるが、当時は必ずしもそんなことはなかった。

 日本では、1970年代半ばから主要大学にコンピューターセンターを設け、周辺の大学と通信ネットワークで接続する仕組みを普及させていた。当時のコンピューターは、今からすればかなり処理能力が低かったけれど、大学間の通信ネットワークによる共同利用は先進的なものだった。日本のIT(情報技術)は、スタート時点では、米国からそう遅れたものではなかったと言えるだろう。

ドキッとした本質の指摘

 ロサンゼルスから日本への帰途、パンナム機で隣に座ったのは米国人の実業家だった。アングロサクソン系というよりは、少しフランス系のような風貌の穏健な紳士で、これから中国へ商談に行くのだという。なぜか気が合って、日本に到着するまでの約10時間、ずっと話していた。

 彼は初めての中国ビジネスなので中国の人も文化も分からず不安だったのだろう。中国について矢継ぎ早に聞いてきた。当時、私の研究室には上海出身の中国人助手がいたし、米国人よりは中国の歴史も知っている。だから少しは彼の不安を和らげてあげられたようだった。

 色々な話をしたのだが、今でも印象に残っているのは教育談義をしたことだ。私が大学の助教授だということを知って彼は言った。

 「教育で一番大切なのは、“patience”(忍耐)だね」

 教育の本質を突かれてドキッとしたのを覚えている。

 本当にそうなのだ。教育は教える側と教えられる側との尊敬と信頼の関係の上に築かれるものである。これは、教育に限らず、企業の中のプロジェクトチームの場合でもそうだし、行政と市民の間にも必要なものだろう。

 ただし、教育の場合は少し違うところがある。教育の対象が、まだ社会をほとんど体験していない発展途上の人たちだということだ。だから、尊敬と信頼の関係を構築する時に、企業や行政機関のような社会の合理性が伴わないことが多い。

コメント7件コメント/レビュー

「法学部や文学部に比べると工学部の教員の負担は重かった」その通り。また学生についても同じことが言える。法学部や文学部に比べると工学部の学生の負担は重かった。しかもその重い負担は将来にわたっても経済的に見返りがない負担である。技術立国を標榜する日本で技術系の人材が薄くなる一方という現象の原因だ。その傍らで、国際的にはほとんど存在感のない、日本の金融業や商社、マスコミなどが、その国際的評価とは全く裏腹に経済的に莫大な見返りを受けている。工学系の学生に漂う雰囲気は、こういう世間の実態を反映しているものである。工学系の教授がいくら前向きにがんばっても、世間の経済はその足を引っ張るのである。(2007/05/14)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「法学部や文学部に比べると工学部の教員の負担は重かった」その通り。また学生についても同じことが言える。法学部や文学部に比べると工学部の学生の負担は重かった。しかもその重い負担は将来にわたっても経済的に見返りがない負担である。技術立国を標榜する日本で技術系の人材が薄くなる一方という現象の原因だ。その傍らで、国際的にはほとんど存在感のない、日本の金融業や商社、マスコミなどが、その国際的評価とは全く裏腹に経済的に莫大な見返りを受けている。工学系の学生に漂う雰囲気は、こういう世間の実態を反映しているものである。工学系の教授がいくら前向きにがんばっても、世間の経済はその足を引っ張るのである。(2007/05/14)

確かに教育の重要性は人間が成長していく段階で常に問われるところの課題であり、その各段階で上手な教育や指導を受けてこれた人はそれなりに優れた生き方の伴侶ができている。これが教育の成果なのかもしれない。政治の世界にもっとも欠落しているのが倫理と哲学の教育かも知れない。深刻なのはそうした人たちが教育の指導方法や倫理規程を作っていることかもしれない。政策の意図が見えない、考えが伝わってこない、将来が期待できない、そうした有権者からの見えないところでいつの間にか重要な法案が決定され、そのまま暴走している。(2007/05/13)

新しい教育プログラムを受けた学生の成果はどうだったのか結果が無く、これで成功と言われても読み手には何も伝わってこない。このプログラムを通じて、どういう人材が育ち、社会でどう評価されているのか、彼らが実社会でどのように活躍しているのか、そこまで論じて、「この教育プログラムは成功した」と言い切れるのではないか? また、学生からの人気は、成功した、しないの指標に関係ないと思うが。冒頭の20年以上前の昔話も不要。(2007/05/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長