• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東芝の創業者が示した本当の技術力

カラクリ人形に見る「日本的技術観」の秀逸さ

2007年5月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真1

「茶酌娘」と呼ばれる茶運び人形。普通の茶運び人形は1人の客だけに茶をふるまうが、この人形は複数の客に茶を運ぶことができる。からくり儀右衛門の作 (写真:日本からくり研究会)

 「無礼な、そこへ直れ!」

 額に青筋を立てた加賀の殿様が刀に手を掛けました。手打ちにしようとしたのは、目の前にある小さな人形。お盆に載せたお茶を持ってゆるゆると前進し、お客さんが湯飲みを取り上げると、くるっときびすを返して戻る、あのカラクリ人形です。正式には「茶運び人形」と言います。

 カラクリ人形は、江戸時代の人たちには魔術のように映ったようです。おもてなしの一興としてお座敷に出したところ、殿様の側まで近づいた人形が首をもち上げてキッとにらみつけたように見えたということで、手打ち騒ぎになりました。こうした逸話が残っているのは、それくらいにリアルに見えたということの証左でしょう。

 これまでこのコラムでは、バイクや携帯電話、マネキンといった現代の技術から「ニッポン的ものづくり」の強みを探ってきました。今回は、いつもと少し趣向を変えて、日本が誇るべきプレ近代の優れた技術にフォーカスしたいと思います。

 話を聞いたのは、日本の近代産業に関わる様々な機器を研究、収集、修復、展示することを目的に立ち上げられた「日本からくり研究会」という団体です。カラクリと言うと人形のイメージが強いのですが、江戸時代には「機関」「機巧」「機」「絡操」などの漢字を、すべて“カラクリ”と読んだそうで、時計や鉄砲なども含めた機械の総称だったということです。

 実は、このカラクリ技術には、現代のものづくりが再認識すべき“技術観”が多く隠れています。その設計思想の奥深さ、精緻な工学技術、演出家としてのセンスからは、これから日本が追求すべき、ものづくりの姿が見えてくるのです。

西洋の機械技術を凌駕した日本のカラクリ

 「文字書き人形」という究極のカラクリをご存じでしょうか。幕末から明治初期に大活躍した“からくり儀右衛門”こと、田中久重さんが1820年代に作り上げた傑作品です。田中さんは、東芝の創業者の1人でもあります。1875年に東京・銀座に創設した田中製造所が、今の東芝のオリジンとなりました。

写真2

文字書き人形。からくり儀右衛門の作 (写真:日本からくり研究会)

 文字書き人形は、その名の通り、筆を取って墨に浸けた後に紙に文字を書く人形です。それも「松」「竹」「梅」「寿」の4文字を書き分けることができます。

 当時、この人形のライバル的存在としては、工業先進国・英国から清の皇帝に献上された文字を書くオートマタがありました。オートマタは、日本で多くのカラクリ人形が作られた江戸後期から明治初期と偶然にもほとんど同じ時期に、西洋の時計職人やオルゴール職人たちが、機械技術を駆使して作り上げた自動人形です。その1種である文字を書くオートマタと比較すると、からくり儀右衛門が作った文字書き人形の技術が、いかに先進的であったかが分かります。

 文字書きオートマタは、紙にペンを押し当てて文字を書くのですが、筆書きにはペン書きよりもはるかに高い制御技術が求められます。筆書きは、筆圧で線の太さが大きく変わることに加えて、筆先が宙に浮く瞬間が多いからです。みごとな3次元動作をこなして、最後のハネやカスレまで再現できている文字書き人形は驚愕に値します。

 こうした西洋を凌駕する制御技術もすごいのですが、本当に注目すべき点は別にあります。それは、人形の所作です。文字書き人形の動作を観察すると、例えば「寿」の字を書き上げ、最後の点を書く動きとぴったり同期して、ほんの少し小首をかしげて「ウン」とうなずくのが分かります。その動きは「よしうまく書けたゾ」と言っているように見えるのです。

コメント23件コメント/レビュー

からくり儀右衛門の展覧会を生誕地の九州久留米市で見ました。この解説を前もって読んでおけば、見方がいっそう深くなっただろうと思います。からくり研究会のかたが解説していましたが、とおりいっぺんの解説で残念でした。もっとも、当日は小学生が主役でしたから、それにあわせられたのかもしれませんが、この文のような解説をして頂くと、小学生でもある程度は理解できたでしょう。 そのときは、儀右衛門の万年時計のことは詳しく知っていましたので、そちらのほうにばかり興味を引かれました。 ちょっと残念でした。(2007/07/23)

「川口盛之助の「ニッポン的ものづくりの起源」」のバックナンバー

一覧

「東芝の創業者が示した本当の技術力」の著者

川口 盛之助

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)

盛之助 代表取締役社長

戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにてアソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

からくり儀右衛門の展覧会を生誕地の九州久留米市で見ました。この解説を前もって読んでおけば、見方がいっそう深くなっただろうと思います。からくり研究会のかたが解説していましたが、とおりいっぺんの解説で残念でした。もっとも、当日は小学生が主役でしたから、それにあわせられたのかもしれませんが、この文のような解説をして頂くと、小学生でもある程度は理解できたでしょう。 そのときは、儀右衛門の万年時計のことは詳しく知っていましたので、そちらのほうにばかり興味を引かれました。 ちょっと残念でした。(2007/07/23)

からくり人形に寄せる思いの日欧の違いを興味深く感じました。日本では文字を書いた後、満足げに小首をかしげたり、わざと的をはずす技まで見せたり、「かわいい」人形が作られています。かわいさのために技が研ぎ澄まされています。これは「鉄腕アトム」に引き継がれ、ソニーのアイボやトヨタのバイオリンを弾くロボットにつながっているのではないでしょうか。日本人は、鳥獣戯画を著したり、昔話や唱歌に小動物がよく出てきたり、鳥や虫の音をめでたりするように、身近な生き物をいとしんできた歴史があり、これが人形やロボットへの意識に投影されているのではないかと思います。(2007/07/15)

現代と比較すると限られた物しかない中で、高度な所作をみせる”からくり人形”は驚きに値します。物が豊富になり、物の性能も上った現代では、容易に色々な事ができる故に、アイデア(発想力)では到底敵わないというのは皮肉なものです。当時の職人には、小首をかしげるといった動作だけで人間らしさを逆に表現したり、わざと弓を1本外すといった事は、職人の粋/自信/余裕を感じますし、そういう気心があるからこそ、良いアイデアが浮かんだのだと思います。現代人が、さらに良いアイデアを得る為には、その辺が重要でしょう。(2007/05/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長