• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

情報システムを米国から“借りる”郵便局

日本郵政公社の情報化戦略、その全貌(1)

  • 日高 信彦

バックナンバー

2007年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本経済新聞は4月19日、「日本郵政公社は、10月の民営化で発足する『郵便局会社』の顧客情報管理システムの開発・構築・運営を米企業に一括して外部委託する」と第1面で報じた。郵政公社は、米セールスフォース・ドットコムのソフトウエアをネットワーク経由で“借りる”。郵政公社はソフトウエアもシステムも所有せず、顧客情報をセールスフォースの米国コンピューターセンターに格納する。

 こうしたアプローチを「SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)」と呼ぶ。ソフトウエアを購入するのではなく、使用料を支払ってサービスとして利用するという意味だ。

 日本最大級のSaaS利用を決めた郵政公社のCIO(最高情報責任者)の吉本和彦理事に郵政公社の情報化戦略とビジネスモデル、ビジネスに貢献するITのあり方、CIOのあるべき姿を語っていただいた。

日高:郵便局の顧客情報管理システムをSaaS方式で調達するというニュースは、大変な話題になりました。SaaSという点もさることながら、まず新しい情報システムを採用し、それを使って仕事を変え、社員の方々の意識まで変えていくアプローチとお見受けしました。

吉本和彦氏

吉本 和彦(よしもと・かずひこ)氏
日本郵政公社理事常務執行役員。1970年慶応義塾大学工学部卒業。同年富士銀行入行。98年システム開発第一部長。2000年執行役員(IT担当)。2002年みずほ銀行常務執行役員。2004年6月富士総合研究所取締役副社長。同10月みずほ情報総研専務取締役。2006年4月より現職 (写真:中島 正之) 

吉本:企業変革というのは本来、最初に意識改革があり、それから仕事の仕組みを変え、その仕組みに合った新しい情報システムが整備されていくという流れになるかと思います。これまで郵政公社を牽引してきた経営陣、民営化の準備を進めている日本郵政の新しい経営陣、ともに一生懸命、意識改革をやってきましたし、今もやっています。

 ただし、郵政公社には26万人の職員がおり、2万4600個所の郵便局を擁しています。26万人の会社を変えるというのはもの凄いエネルギーが必要です。さらに「ゆうメイト」という非常勤職員が12万人おりますから、合わせると38万人、本当に大変な規模です。

 2007年10月の民営化に伴って4社に分割しますが、ざっと申し上げると、郵便について10万人、郵便局会社が12万人、貯金銀行が1万人、郵便保険が5000人というようになります。

 しかも郵政公社は4年間で民営化します。NTTの場合、10年間かけて民営化していったわけです。郵政公社の場合、非常に期間が短い。この中で働いている人の意識を変え、スピードのある変革をやっていかなければなりません。

システムを変え、意識を変える

 CIOである私の仕事は、4社の今後を支える情報システムを整備することですが、私の方から提案しているのは、情報システムを先に変え、それによって仕事と人の意識を変えてしまおうということです。意識改革は重要ですが、それだけでは26万人に浸透するまでかなりの時間がかかる。そこで通常の流れとは逆に、システムから変えてしまうやり方を併用する必要があるのではないかということです。

 10月からは、民間企業として営業活動をし、お客様の情報をしっかり管理していかなければならない。営業改革が必要です。世の中には、営業担当者の活動を支援するSFA(セールスフォースオートメーション)とか、顧客情報を管理するCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)と呼ばれるツールが既にありますから、これらをそっくり取り入れ、民間企業の営業を知らない人に、「ツールに沿ってやれば民間の営業ができる」というやり方で、意識改革と営業改革をしていく方が手っ取り早いと思うのです。そこで今回は、米セールスフォースのSFA/CRMを採用することとなりました。

日高:SaaSの利点は、ある程度評価の定まったビジネスプロセスとソフトウエアを素早く利用できる、情報システムの運営を外部企業に任せてしまえる、といったことです。ただし、今回の場合、システムの運営も顧客情報の保管も、米国企業に委ねるわけで、その点について不安や反対意見はなかったのですか。

コメント5件コメント/レビュー

これで、郵貯のすべてのTransactionは、アメリカに筒抜けですね。守秘義務契約していても、ダメです。もうSWIFTでさえ、アメリカ政府は見ることができるのですよ。いっそ、郵貯アメリカ銀行、とでもしたら?(2007/05/19)

「IT経営問答」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これで、郵貯のすべてのTransactionは、アメリカに筒抜けですね。守秘義務契約していても、ダメです。もうSWIFTでさえ、アメリカ政府は見ることができるのですよ。いっそ、郵貯アメリカ銀行、とでもしたら?(2007/05/19)

システムを借り物にしてデータを海外に置いてまで短期に参入する狙いはなんだろうか?商品の中身に郵便局の独自性がありスピーディーに展開する必要がある?わざわざ米国というのは誰かの口利きや干渉での採用なのだろうか?もしも不幸にしてそうならば、経営陣には民営化の目的は何なのかをもう一度考えてほしい。郵政民営化問題の本質はコストや収益性ではなく、郵政が金融機関としての自立した責任ある判断が行えず、特定の政治派閥が国の赤字国債の利子を食い物にするための手段と成り果てていたからではないかったろうか?(2007/05/19)

知り合いで、米銀(もちろん口座は日本国内の支店)のインターネット・バンキングに登録していたところ情報が流出し、英語の迷惑メールの攻撃に合った人がいます。外部サービスを使うのも時代の流れとは思いますが、海外にデータバンクも置くということだと情報流出リスクも2倍以上になるのではないかと心配です。(2007/05/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長