• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

単独生き残りを賭けてクライスラーが挑む3つの課題

  • 武谷 匡城

バックナンバー

2007年5月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント2件コメント/レビュー

例えば主力商品のジープ一つ取っても、「なんでこんな排気量がでかいものばかり…」と首をかしげることしきりだったわけですが、しかしジープファミリーは勿論、スペシャリティカーを中心になかなか魅力ある車を作る会社と思っているだけに、昨今のクライスラーの不調は残念でなりません。ネオンを「小型車」として売り出して失敗した頃とは別な会社と言える程度に進歩した筈ですが、もう少し踏み込む勇気が欲しいです。とりあえず日本で売るのなら、自動車税の心配が少ない車をお願いしたいところです。名を捨てて実を取るつもりで、小排気量高効率のエンジンだけでなく小型のシャシも入れてもらうべきでは。業界外資本になった今をメンツを捨て視界を広げるチャンスと見ることができれば、まだ間に合うと思います。過去の東京モーターショーで何度も展示していた小型ジープに期待しています。(2007/05/24)

「武谷匡城の「数字で見る自動車業界の未来」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

例えば主力商品のジープ一つ取っても、「なんでこんな排気量がでかいものばかり…」と首をかしげることしきりだったわけですが、しかしジープファミリーは勿論、スペシャリティカーを中心になかなか魅力ある車を作る会社と思っているだけに、昨今のクライスラーの不調は残念でなりません。ネオンを「小型車」として売り出して失敗した頃とは別な会社と言える程度に進歩した筈ですが、もう少し踏み込む勇気が欲しいです。とりあえず日本で売るのなら、自動車税の心配が少ない車をお願いしたいところです。名を捨てて実を取るつもりで、小排気量高効率のエンジンだけでなく小型のシャシも入れてもらうべきでは。業界外資本になった今をメンツを捨て視界を広げるチャンスと見ることができれば、まだ間に合うと思います。過去の東京モーターショーで何度も展示していた小型ジープに期待しています。(2007/05/24)

クライスラーが単独で、小型車開発することはありえません。小型車はコスト管理が緻密でなければ利益が出せないからです。そのノウハウのないクライスラーが作っても赤字が増えるだけです。では、クライスラーを立て直すにはどうするかですが、それは売れる車を作るしかありません。魅力的なクルマを作れなければ、どんなにコストを削減しても意味はありません。売れるクルマを作るのは、お客さんの方を向いて開発するしかありません。コスト削減など、社内の都合を押しつけて車を作ると日産のように一時は立ち直りますがその後、落ちるので注意が必要です。(2007/05/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長