• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ、彼は大手メーカーを半年で辞めたか

ものつくらぬ、ものづくり世界企業――三井海洋開発(2)

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年6月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国は20~30年前から、製造をアジアに任せて、IT(情報技術)やサービス業で国際競争力を高める戦略を進めてきた。結果として、例えば、大学の機械工学分野に力を入れなかったので、機械関係の人材が育たなくて、ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターの技術者のレベルが下がり、自動車産業の競争力が低下していったと見ることができる。

 競争力が低下すると、社員に対するインセンティブの水準が低下して、ますます人材が向かわなくなり、産業が衰退していく。いくら優秀な経営者をヘッドハンティングしたり、資本を導入して経営を立て直そうとしても限界がある。産業や企業の成長と人材力は表裏の関係にあるのだ。

 造船技術についてもそうだ。米国では、軍事分野があるので造船産業も、造船技術も、重要な位置を占める。しかし、冷戦の終結の頃から、これらの重要性が低下した。そして、マサチューセッツ工科大学(MIT)や、カリフォルニア大学バークレー校の造船はもちろん、海洋工学の教育はおろそかになる一方だった。海洋関連の学生数が減り、消えていった学科も少なくない。そうして、米国の海洋工学や船舶工学のレベルは低下し続けた。

 世界最強の米国海軍の技術も、ご多分に漏れない。例えば、“アーレイバーク級”というイージス艦があるのだが、幅の広い船型にしてしまったため、大きな馬力が必要になっていて、あまり優れた設計とは言えない。それをマネさせられた日本のイージス艦も、幅を広くしたおかげで航行する時に大きな波が生じ、その波が激しく崩れる時の騒音で潜水艦探知用のソナーが使えないという笑い話のようなことが発生した。

若手への権限委譲なくして、成長はない

写真1

三井海洋開発がブラジルのリオデジャネイロ沖合50キロに設置したFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)。水深は480~880メートル。1日当たり平均産出量は石油が8万1000バレル、天然ガスが7500万立方フィート

 人材育成ができなければ、技術は進歩するどころか退化してしまう。例を上げたらキリがないが、かつての米国海軍は、ジェットフォイルなどの難しい高速船のシステム開発で輝かしい実績を持っている。だが、最近では高速船技術をオーストラリアから技術導入するなど、あまりパッとしない。米国では船型開発できる人材が少なくなったのだろう。

 これは日本の海洋業界でも同じである。前回から紹介している三井海洋開発という企業が、海洋油田の生産貯蔵設備で世界第2位の地位を占めるようになった背景には、人材難で苦労しながらも社員をきちんと育成してきたことがある。

 10年近く前のことだ。学部を卒業して私の研究室から巣立ち、ある大手メーカーに就職したN君は、その会社を半年で辞めた。飛行機開発の仕事にかかわりたかったのに、かなわなかったという理由だけではなかった。天性に近い設計マネジメント力を生かす機会が、その会社では当分与えられそうもないことが理由だった。

 私は1990年頃から、工学部におけるものづくり教育をプロジェクト形式で行うため、人力船プロジェクトを教育カリキュラムに組み込んでいた。このプロジェクトに参画した大学3年生のN君は水を得た魚のようだった。いろいろな設計アイデアを出すだけでなく、カーボン繊維の積層などの製造面でもマネジャーとしてリーダー役を務めた。そうして、プロジェクトの最後を飾る全国大会では、東京大学チームの出場艇が200メートルを44秒で走り、見事に学生部門で優勝を果たした。

 このような、天性のマネジメント力を持つ人材を大企業は生かせなかったのだ。大手メーカーを退職したあと、2~3の会社を転々としていたN君は私に相談しにやって来た。その時に紹介したのが三井海洋開発である。転職した後、N君は本当に水を得た魚だった。めきめきと頭角を現し、10年でこの企業でなくてはならないプロジェクトマネジャーに育った。

コメント11件コメント/レビュー

コメントにてSIerとしての課長代理の現場の知識不足を嘆いている方に対し一言。設計や設定・開発する人でなければ技術については知らなくてよい。課長の仕事さえ出来ればよいはずです。技術に関わる部分の選択・決定権や裁量がわかる人にあり、適正に扱われて(給与待遇含む)さえおれば、上司は経営的判断に責任を取りさえすれば良いでしょう。(2007/06/19)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントにてSIerとしての課長代理の現場の知識不足を嘆いている方に対し一言。設計や設定・開発する人でなければ技術については知らなくてよい。課長の仕事さえ出来ればよいはずです。技術に関わる部分の選択・決定権や裁量がわかる人にあり、適正に扱われて(給与待遇含む)さえおれば、上司は経営的判断に責任を取りさえすれば良いでしょう。(2007/06/19)

IT業界に居るものですがココにコメント欄で上げられた事と記事についてやはり同様な根源のものを感じます。IT業界の大手(ソフト関係)などは特に大企業病(空洞化)にかかっております。現場の技術を使う側を過剰に上位(上流工程の意味ではない)に見て、競争激化に対するコスト削減を外注化を含めこの下流の部分にしわを寄せる事により達成し始め、そしてこれは上流にまだ現場の感覚を十分に持つものが居て、かつ、下流にも出来るけど買い叩かれた人が居たから問題なく動いていたが、下流では価格に見合った低質化と、現場を知らない上流が正常な判断を下し難くなっている事がミスの連発を起こす原因となっていると考えています。上流下流と上位下位の混同に伴った下流の割に合わなさ、下流に流れるまで上流のミスが発覚し難い事(下流が全容を見て始めて発覚)などから、当然の帰結です。(2007/06/19)

コメントの中でも多々指摘されている某SIerで働いており現在転職を検討中の若手SEです。ここ数年は、「若手に開発経験を」というスローガンで、部署によっては入社4~5年目までの若手社員はものづくりを実際に行っています。(と言っても、ごく限られた部署の話かと思います。)現実には課長代理~課長クラスにおいてものづくりそのものをきちんと経験したことのない人が多いため各工程においてとんちんかんなやりとりが頻繁に発生しています。課長代理なのに・SQLインジェクションって何?って言ったり(セキュリティのことくらい知っててほしい…)・リファラーとスカラーを混同してたり(そもそもアドレスって言う概念ないみたい…)・外部への接続試験で接続先にプライベートアドレスを割り振ったり(ネットワークの基本の「き」ですよ???)とか。正直呆れること数知れず。。(人少ないんだから真面目にやってくれと。こんなのがトラブル対応の責任者でいいのか?と思う日々…)こういうのに嫌気がさして、職を変える同期とか結構出てきてます。(自分も嫌気さしてます。)なお、全くものを作らない調整が主の部署へ異動した人の話を聞くと環境構築のできない環境チームとか自分らでは故障解析できないチームとか本当にあるそうです。(同じ会社なのに信じられないんですけど…)はっきり言って今後も技術力は低下の一途を辿っていくことは間違いないでしょう。いったいどうなっちゃうんだろ?(2007/06/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授