• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1000年息づく挑戦者のDNA

“挑む心”が弱くなっていませんか

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 30年近く前の古い本だが、世界文化社が出した『美しい日本』の第10巻「瀬戸内の美」に作家の村上護さんが書いた面白い話が載っている。タイトルは「宇和海 ―― 段々畑と密航 ――」。一部を引用して紹介するとこんな具合だ。

 「昨夏、わたしが会った八幡浜の田淵朝秋さんは全長10メートル前後の帆船でアメリカに渡った1人である。その帆船は底引き漁の打瀬船という3本マストの和船で、それも廃船になったのを修理して使ったのだという。その話はおもしろい」

 「明治以後、この宇和海一帯からアメリカに出稼ぎに行った人は多かった。けれど日米関係の悪化によって、やがて日本人の出稼ぎが禁止された。それでも行くとなれば密航するしか方法がなく、田淵さんたちも小船を仕立ててアメリカへ向けて出航したのだという。大正4(1915)年のことだ」

 「裏山の段々畑に芋ヅルをかついで登り、それを植えてから、アメリカへ出かけたんですよ。ちょうど46日ぶりに、アメリカに着きました。でもそれは無人島で、28日間もさまよい。そうしてようやく本土についたところを捕まえられて、日本へ強制送還されました。八幡浜のわが家にたどりついたとき、アメリカに発つ前に植えた芋を家人がちょうど掘っていましてね。ありゃあ、わしのアメリカ行きも芋一代じゃったなと言って笑ったものですよ」

(『美しい日本』第10巻(世界文化社)より)

 もっと昔の江戸時代には、土佐の国出身の有名なジョン万次郎がいる。四国地方には、米国への密航者がほかにも多くいたようだ。以前、このコラムで日本人は海洋民族ではないと書いたことがあるが、南西地方の一部の人々は違うらしい。元寇で功績の大きかった河野一族は、当時の日本の海軍の主要な一部を担っていた。本拠地だったのは愛媛県松山市道後である。数年前発掘され再現された河野氏の城は、珍しい中世の城郭である。湯築城という。

1000年間受け継いできた海運ベンチャービジネスの魂

 四国の海洋民族のDNAは今も健在だ。現在日本の船舶の25~30%は、松山から北へ40キロに位置する今治市とその周辺の中小企業が所有している。ある時代までは、内航船や近海船(アジア航路)が中心だったのだが、内航船の需要が低迷し、近海輸送を韓国や中国に奪われ始めた頃、国際原燃料輸送のための船主業へ進出したのだ。

 2000~1万トン程度の船を所有していた中小企業が、8万トンのパナマックス船(パナマ運河を通航できる最大船)を2隻発注するといった投資を始めた。2隻で約100億円の投資だ。もちろん、大手海運会社による積荷保証や大手地銀によるファイナンスの支えがあるのだが、リスクを取って、日本の国際物流の重要な部分を担うのは彼らである。

 今治周辺の船主が、中世に瀬戸内海で活動した村上水軍や河野水軍の末裔なのかどうかは分からない。しかし、約1000年の歴史を通して、海洋民族のDNAが続いているのではないかと思う。このDNAがなかったら、中世の水軍ビジネスモデルを1000年がかりで、海運ベンチャービジネスに発展させることはできなかったかもしれない。

コメント3

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。

大村 禎史 西松屋チェーン社長