• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マイクロソフトの逆襲

グーグル追撃、本気になった王者の秘策

2007年6月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ネット上のサービスでは米グーグルの後塵を拝する米マイクロソフト。
圧倒的な資金力と人材を武器に、王者がついに本気で動き始めた。
形勢逆転を狙うマイクロソフトが市場に放つ秘策とは──。

 東京の上野駅から電車で50分、さらに車で20分行ったところに、その小さな飛行場はあった。広大な田園風景が広がる真ん中に、ひっそりとたたずむ茨城県の竜ケ崎飛行場。3月下旬の午前9時、ここから1機の小型セスナが飛び立った。

 最高級クラスの航空写真向けカメラを搭載したセスナは、間もなく東京の上空に飛来。約1700mの高度を保ったまま、地上の撮影を開始した。

 3月13日から極秘裏に進められているこのプロジェクト。雇い主は世界最大のIT会社、米マイクロソフトである。

下はバーチャルアース3Dで見た米サンフランシスコの風景。左はグーグルアースで見た同じ風景

 まずは米サンフランシスコのダウンタウンの風景を写した右の写真を見てほしい。一見、航空写真かと見まごうほどの精緻なものだが、実はコンピューターが描いたCG(コンピューターグラフィックス)の画像なのだ。

 世界中のすべての風景をCGで再現する――。

 マイクロソフトは今、莫大な資金と膨大な人員を投入して、世界中の空から地上を撮影し、その写真を立体的なCGに変換するという壮大なプロジェクトを進行させている。

 OS(基本ソフト)で覇権を握った、王者マイクロソフト。インターネットの世界では長らく米グーグルの後塵を拝してきたが、ようやく逆襲の狼煙を上げ始めた。

世界の500都市を3次元化

 2005年6月、検索サービス最大手のグーグルは世界中の衛星写真、航空写真を自在に見ることができる専用ソフト「グーグルアース」を無償で提供し、世界を驚かせた。

 グーグルはその技術や画像を、「グーグルマップ」などのウェブ上のサービスに生かし、ウェブサイトの検索のみならず、地図や地域情報の検索分野でも首位の座を確固たるものにした。

 ここにマイクロソフトは画期的なサービスをぶつけ、形勢の逆転を狙っている。昨年11月から開始した「バーチャルアース3D」。これはグーグルアースやグーグルマップと同じく、世界中の衛星写真や航空写真を自在に閲覧したり、場所を検索したりできるネット上の無料サービスだ。

 対グーグルの最大の武器は、3次元機能。「3Dボタン」を押すと、平面にビルや野球場などの建造物が次第に立体的な形を帯びていく。

空を飛ぶようにネットで旅行 自由の女神も野球場も立体に

 実は、ページトップの画像はバーチャルアース3Dを利用して、サンフランシスコの上空で“撮影”した1コマ。空中を自由自在に飛ぶように視点を変えることができ、風景が変わっていく。まるで本物の都市を空撮しているかのような錯覚に陥る体験だ。

 「技術やサービスの品質で言えば、既にほとんどのサービスでグーグルに追いついた。中には追い越したサービスもある。バーチャルアース3Dは、その1つだと確実に言える」

 マイクロソフト本社でオンラインサービス事業部を統轄する、スティーブ・バークウィッツ上級副社長は、こう自信をにじませる(4ページの囲み記事「『消費者志向』へ企業文化変える」を参照)。

 断っておくが、3次元で建造物を表示する機能は、グーグルアースにもある。だが、左上の画面を見ると分かるように、多くはのっぺりとした形状のみが表示され、バーチャルアース3Dほどの精細さはない。「グーグルアースとはリアリティーがまるで違う」(バークウィッツ上級副社長)のだ。しかもグーグルアースのように専用ソフトを必要としない分、簡単に楽しめる。

 今のところ、3次元化されている地域は、シアトルやボストンなど米国31都市と、英国のロンドンなど5都市、カナダの7都市、合計43都市の中心部に限られている。そのほかの国や都市を3次元化していく今後のスケジュールは一切、公表されていない。日経ビジネスはその計画をつかんだ。

 2010年までに世界500都市の3次元化を完成させる――。

 そして、そのプロジェクトは、この日本でも着々と進んでいるのだ。

コメント0

「ネットのあした」のバックナンバー

一覧

「マイクロソフトの逆襲」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官