• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

真似をしたら、勝てない

「船は飛行機である」と考える発想転換の思考法

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年7月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先月23日からスペインのバレンシアで開催されていた世界最高峰のヨットレース「第32回アメリカズカップ」で、現地時間の3日、防衛艇であるアリンギ(スイス)が、エミレーツ・チームニュージーランド(ニュージーランド)の挑戦を5勝2敗(9回戦制)で退けて、欧州勢として初めてアメリカズカップを防衛した。

 今回の挑戦者と同じニュージーランドのチームが初めて優勝カップを手に入れたのが、1995年の第29回大会である。この大会の予選に私は日本チームの技術陣を率いて参戦した。しかし、結果は屈辱的な敗北。初心を与えられた私は、その年の夏まで、優勝したニュージーランド艇を徹底的に解剖した。

 再現模型を作って実験もしたし、コンピューターシミュレーションも行った。次の第30回大会に参戦するためには必要不可欠な仕事だった。新しい仕事やプロジェクトを始める時、このようなベンチマーキングがいいかげんだと、後で悔やむことが常である。1年後にノルウェーのトロンハイムで行われた国際会議に参加した時、フランスの海軍研究所の元所長が私に近づいてきて言った。

 「ニュージーランド艇の解析を一緒にやらないか」

 アメリカズカップのプロジェクトでは民間だけでなく公的部門(ほとんどは海軍の研究部門)が協力することも多い。もちろん、私は即座に断った。私たちはニュージーランド艇の解析で1年先行していたからだ。

解析したことは、一度忘れるべし

 ベンチマーキングが終わってからは、開発と設計という創造の仕事に移った。ニュージーランド艇を超えるコンセプトを探す思考の旅に出たのである。

 創造する時には、解析した内容をすべて忘れてゼロベースで考えることが大切だ。ベンチマーキングしたニュージーランド艇のことを少し遠くへやり、自分自身の新しい発想を求める旅なのである。ニュージーランド艇を解析した結果、その素晴らしさは十分に分かった。けれど、真似をしたら絶対にニュージーランドには勝てない。世界一になるためには真似は禁物。“真似は負け”につながるのだ。

 設計コンセプトを見て私のチームの有力メンバーたちは言ったものだ。

 「ニュージーランド艇の船型は素晴らしいですね。あんな形にして下さい」

 「こんなにニュージーランド艇と違う船型はダメなのではないですか」

 最強の設計チームを作ったはずなのだが、実際はこんなことも少なくなかった。だから、2000年のアメリカズカップ艇の設計では、チーフデザイナーである私の発想を100%優先させた。

コメント8件コメント/レビュー

日本は、他の真似や優れたものを吸収して学ぶことで、先行した国々に追いつきました。記事で伝えようとしているのは、もはやトップグループになったのだから、真似という方法だけでなく、創造をすることを尊重し重視しなくてはならない。ということだと思います。ですが・・・、今はまだ、真似や横取りが上手くその手法で地位を手に入れた人たちが社内の成果の配分を独占的にコントロールしていて、社内で創造をすると、働く意欲を失うような酷く嫌な体験をすることも多い。彼らは創造することの価値、創造した者の権利を尊重することが生み出す長期的価値を知らない。(その逆がもたらす損失も知らないし関心がない)日本の学生の理系離れは20年近くになると思いますが、これも理系社会を取り囲む同じような仕組みとイメージが一因だと思います。最近の日本企業の国際競争力低下の一因でもある。「創造者が成果を横取りされることなく社会的、経済的なステータスを得られる社会」に変える事が急がれる。これは綺麗事ではとても出来ない。個々の創造者がこれは種の生存戦争だと覚悟を決め実力行使で自分たちの権利を守らなければ実現しない。それには創造者と共闘し利益を共にする専門知識のあるパートナーが必要だと思います。(2007/07/07)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本は、他の真似や優れたものを吸収して学ぶことで、先行した国々に追いつきました。記事で伝えようとしているのは、もはやトップグループになったのだから、真似という方法だけでなく、創造をすることを尊重し重視しなくてはならない。ということだと思います。ですが・・・、今はまだ、真似や横取りが上手くその手法で地位を手に入れた人たちが社内の成果の配分を独占的にコントロールしていて、社内で創造をすると、働く意欲を失うような酷く嫌な体験をすることも多い。彼らは創造することの価値、創造した者の権利を尊重することが生み出す長期的価値を知らない。(その逆がもたらす損失も知らないし関心がない)日本の学生の理系離れは20年近くになると思いますが、これも理系社会を取り囲む同じような仕組みとイメージが一因だと思います。最近の日本企業の国際競争力低下の一因でもある。「創造者が成果を横取りされることなく社会的、経済的なステータスを得られる社会」に変える事が急がれる。これは綺麗事ではとても出来ない。個々の創造者がこれは種の生存戦争だと覚悟を決め実力行使で自分たちの権利を守らなければ実現しない。それには創造者と共闘し利益を共にする専門知識のあるパートナーが必要だと思います。(2007/07/07)

真似をしたら勝てない、私は共感します。教育で言うと、点取り虫が一般にいわれる良い大学に入り世の中を形成してきたように思われます、それが今社会問題にも発展している気がします。たとえば新聞記事(産経新聞の没落が始まった、やばいぞ日本)等、この現象はまさに物真似、自分で苦しんで考えずにただ点取り虫に夢中になった結果だと私は思いますが。(2007/07/07)

ホンダのストリームという車をシートのサイズまでそっくりに似せたが車がありましたが、これは見事に勝ちました。レースの世界では真似をするだけでは勝てないと思いますが、商売の世界ではまた違った真理があるのかもしれませんね。(2007/07/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授