• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

科学技術の“粉飾決算”は許されるか

イノベーションを生み出す評価システムの大切さ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年7月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「でも先生、勲章がありますから」

 数年前、課長補佐の肩書きを持つ役人が私に言った。彼は、当時私が任されていた国の研究プロジェクトの取り組みについて、私を説得に来たのである。

 私は即座に答えた。

 「2000円のブリキ細工なんかいりません」

 すると、課長補佐と一緒に来た若い技官が、つまらないことをつけ加えた。

 「先生、4000円くらいはすると思いますよ…」

真面目な担当課長の熱意にほだされたものの…

 国の研究プロジェクトは、役人がマネジメントを誤って失敗することが多い。彼らが作った通りのシナリオで実行し、大学の“有識者”や“専門家”に評価させて、お墨付きを得る。小泉内閣以降、内閣府が開く会議では、そうでもない例が増えたが、ほとんどの省庁の会議には、いわゆる「御用教授」が集められる。

 だから、正論を言って口うるさい私のような教授には頼みに来ない。誤解のないよう言えば、国から頼んでほしいから、こうしたことを書いているわけではない。何度かこのコラムで紹介しているように、私の研究室は、技術が使われる実際の現場を重視した産学連携の研究開発を主なテーマにしており、国の研究費を使った研究開発プロジェクトは基本的には手がけていないのである。

 しかし、少ないながらも国家プロジェクトのマネジメントを引き受けたことがある。その1つが、冒頭の会話の2年前に依頼された内航船の近代化プロジェクトだった。トンキロベースだと国内物流の40%以上が船によるものだ。石油や鉄鋼、セメント関連が船荷のほとんどを占める。それを支えているのは、多くが5000トンまでの小さな船で、性能は悪いし、船員も高齢化している。この船を操船しやすい、燃費のいい、環境にやさしい船にしようというプロジェクトだった。役人にしては珍しく真面目な担当課長の熱意にほだされて、引き受けたのである。

 ところが、2年もすると役人は人事異動でいなくなる。この時も、2年たって熱心な課長は異動してしまった。プロジェクトは順調に進み、実証船の建造を計画する段階に至っていたのだが、新しい課長は、不明朗な意思決定を通そうとするのである。それを拒否した私を説得に来たのが、冒頭の課長補佐だった。だが、その内容はとても納得できるものではなかった。そして、私はこの研究開発プロジェクトから身を引いた。

コメント16

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官