• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「オフィスの冷房は28度」の根拠に疑問符

両立問われる省エネと生産性

  • 菅原 由依子

バックナンバー

2007年8月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「チームマイナス6%」事務局が配布しているポスター。この3年間で28度の文字の扱いも大きくなっている

「チームマイナス6%」事務局が配布しているポスター。この3年間で28度の文字の扱いも大きくなっている

 「28度では暑すぎるのですが」。環境省が提唱する温暖化防止活動「チームマイナス6%」事務局に、クールビズ運動に困惑しているといった声が寄せられている。

 なぜ冷房で28度の設定温度を推奨するのか。同事務局は、「建築基準法などの法律で、執務室の設定温度が28度以下に定められている。運動に取り組みやすいように、この温度を掲げたにすぎない」と答える。

 省エネルギーセンターによると、ノーネクタイ・ノー上着の実践で、体感温度は2度下がる。2005年にクールビズ運動が始まる前、東京都のオフィスビル約1万6000棟の平均室温が約25度であったことを考えると、2度上乗せした27度が適当ではないのだろうか。

 首都大学東京の石野久彌教授は、「27度までは、衣服の調整でも対応できるが、28度は扇風機で気流を起こすなどの工夫が必要だ」と話す。

 昨年8月24日、環境省地球環境局の室温を測った早稲田大学の田辺新一教授の報告では、28度に設定していた局内の温度は、夕方には30度に迫る暑さとなった。

 アンケートで不満を訴える人は6割を超え、米国空調学会が推奨する、「ビル内の不満足者を2割以下とする基準」を大幅に上回る。環境省の状況がいかに就労環境として不適当かが証明された。

●作業前後で比較した室温と疲労感の関係

●作業前後で比較した室温と疲労感の関係

 田辺教授は、疲労感を示す「自覚症状しらべ総合訴え率」や、脳の働きを示すヘモグロビン中の酸素濃度を測定し、28度の室温が人体に与える影響について研究している。

 「自覚症状しらべ総合訴え率」では、25.5度、28度、33度の3条件で作業前後の疲労感を測定した。その結果、男女とも室温28度では25.5度に比べて作業前でも疲労感が強まる傾向が明らかになった。

コメント9

「環境トレンドリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)