• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ネット企業家たちのデビュー戦:TechCrunch40公開デモマラソン審査[前編]

  • 市村 佐登美

バックナンバー

2007年10月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 起業に必要なのはアイデア、人、技術、お金。そして起業家と投資家、企業のマッチングである。そんな場を作ろうと世界26カ国から集まった起業アイデア、750の中から最終選考に残った40社が制限時間8分で壇上でデモを披露し、優勝賞金5万ドル(約577万円)を争う公開審査会「TechCrunch40」が、9月の17、18日に開かれた。審査員は今のネットを動かすキーパーソン20人。40社はこれが世界デビューとなる。定員400人に約1000人が詰めかけ酸欠寸前の会場にお邪魔してみた(文中敬称略)。

会場は満席。みんな一斉にネットに繋げているせいか接続は遅め。

会場は満席。みんな一斉にネットに繋げているせいか接続は遅め。

ザ・コネクター

ジェイソン・カラカニス(左)とマイケル・アリントン(右)。イスラエルの投資家ヨシ・ヴァルディ(審査員)が休憩から帰るまでヨシから学んだビジネスの小話をアドリブで披露。

ジェイソン・カラカニス(左)とマイケル・アリントン(右)。イスラエルの投資家ヨシ・ヴァルディ(審査員)が休憩から帰るまでヨシから学んだビジネスの小話をアドリブで披露。

 このイベントは、シリコンバレーのキングメーカー、マイケル・アーリントンと、シリコンアレーの元キング、ジェイソン・カラカニスが共同で企画した。マイク(愛称)のことは「Web 2.0の利用者は53651人」など本連載でも度々紹介しているから省く(筆者も途中から翻訳を手伝っているブログTechCrunchの創始者)が、カラカニスはNYブルックリン出身の「連続起業家」である。

 ジェイソン・カラカニスは看護婦とバーテンダーの3人兄弟の真ん中に生まれ、ドットコム黎明期の1996年にニューメディアの動きを伝える瓦版「Silicon Alley Reporter」を始めた。最初は16ページ分の記事をコピーして仕分けて綴じ、カフェを1軒1軒回って置かせてもらっていたのだが、バブルの追い風でみるみる300ページに肥え太り、1口1000ドルのパーティー券も飛ぶように売れ、この世の春を謳歌していた。が、バブル崩壊でニュースはたちまち閑古鳥となり、会社は2001年に改名、やがて売却。

 だが、これでめげるジェイソンではなかった。ちょうどその頃アメリカではブログの新潮流が沸き起こっていた。カラカニスはブログを大所帯にしてシステム・広告・渉外を一本化するフランチャイズモデルで2003年10月、Weblogs社を創業した。ギズモードなど計14の人気ブログを傘下に持つゴーカーメディア社(月間1億5000万PV)のニック・デントンと並んで、彼はブログでメディア企業を興した最初の起業家となったのだ。

 ギズモードの共同創始者を引き抜いて競合ブログ「engadget(エンガジェット)」を立ち上げさせるなど、1年で約50のブログを傘下に加え、2005年10月AOLに売却。ところがAOLでビジネスを一から教えてくれた師ジョン・ミラーが昨年解任となり、これに抗議して自分もAOLを辞めてしまう。

 その後、YouTubeやグーグルに出資したシリコンバレーの名門VCセコイアキャピタルに社内アントレプレナーとして入社、そこから検索の会社Mahaloを始め、今に至る。MBAもプログラミングのスキルもないカラカニスだが、なにしろユーラシア大陸並みに顔が広い。マルコム・グラッドウェルのベストセラー「The Tipping Point」に出てくる「ザ・コネクター(人と人を繋ぐよう生まれついた人)」という類型用語は、シリコンアレー時代のカラカニスを紹介した記事タイトルから来ているくらいなのだ。

 会場では秋元氏、私、滑川海彦氏(滑川氏についてはこちらの記事もどうぞ)と通路を挟んで1つ前の席だが、まるで水を得た魚のように会場を走り回って、マイク調整、小話、柔軟体操に大忙し。WiFiや携帯の接続が切れると(翌朝の新聞に早速書かれてしまった)、「繋がってる!?」と観客に手当たり次第に聞き回ってはスキンヘッドのシステム担当に指示を出すなど、巨漢マイクとは好対照なムードメーカーぶりを発揮していた。

ネットの投資熱は堅調

 会場はサンフランシスコ金融街からマーケット通りを渡ったパレスホテルだ。30分遅れて入ると、もうドア一つ通り抜けるのがやっとで、立ち見の人は床で携帯やパソコンを広げている。休憩時間になるとジョン・レノンの「Power to the people」なんかの曲がガンガン流れて、なかなかの熱気。

 勢いがあるのも当然で、フェンウィック&ウェスト法律事務所が今年第2四半期に調達を行ったサンフランシスコ&シリコンバレーの技術・生命科学関連126社を対象にまとめた最新の調査結果では、前ラウンドに比べ株価のバリュエーションは平均74%も高かった。これは前四半期の75%に次ぐ高い数字。サンフランシスコ大ビジネススクールがこのエリアのベンチャー投資家31人に行った調査でも、今年第2四半期のVC確信指数は5段階評価の4.15。過去最高を記 録した前四半期(4.38)に続き、ベンチャー投資は依然として強気基調が続いている。

 参加企業には、この日が待ちに待ったデビューとなる企業も多い。もう投資が決まっている企業はお祭り気分、まだの企業は顔つなぎに懸命。どこも思ったより晴れ舞台をエンジョイしており、緊張に押しつぶされそうな企業というのは一つもない。なるほど、予選を通過するだけのことはある。

重厚な雰囲気のパレスホテル(サンフランシスコ)

重厚な雰囲気のパレスホテル(サンフランシスコ)

8部門に多彩なエントリー

 さて、そろそろ実際のプレゼンを見てみよう。トップバッターPowersetはグーグルに挑戦する自然言語検索から。制限時間は8分で、残り2分になると、すぐ前に座ってるお兄さんが指を2本出して合図を送る。この限られた時間内でネットに繋いで実演し、収益モデルまで解説しなくてはならない。

コメント0

「シリコンバレーで昼飯を」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授