• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

文化なき経済の弱点

経済と文化が両輪を成すEU社会を学べ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年10月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 今、韓国南部の慶尚南道(キョンサンナムド:半島の南部の行政区)の近隣地域では、造船業をはじめ重厚長大産業の元気がいい。海に面していて、日本で言えば九州のような地域である慶尚南道の道庁所在地、昌原(チャンウォン)にある慶南発展研究院から、7月のある日、電話がかかってきた。滑らかな日本語だ。きっと日本への留学経験のある方なのだろう。

 「昌原で今年、“ヨット・コリア2007”というフェスティバルを11月1日から4日まで開きます。韓国では海洋文化や海洋スポーツを振興する動きが高まっていますし、アメリカズカップにも関心があります。ぜひ、先生に来ていただいて基調講演をしてほしいのです。OKでしたら、これから全体のプログラムを企画します」
 
 韓国では、最初はアカデミックな業績で、その後は私のヨットの科学や、アメリカズカップのプロジェクトマネジメントをテーマにした都合3冊の本が韓訳されていることで、どうやら私のことを知っている人も多いらしい。
 
 10年前、私の研究室のメンバーとなったI君は釜山出身。お父さんはベトナム戦争の兵士で、複雑な家族を持つ学生だったが、釜山海洋大学でヨット部に所属していた。いろいろな意味で珍しい学生だった。彼の話では、その頃の韓国のヨット人口は300人か3000人かよく分からないけれど、取るに足らないレベルだと言われていた。この10年のうちに、韓国の海洋文化は大きな進歩を遂げたようだ。

韓国の造船産業はなぜ活況を呈しているのか

 今、世界の造船産業は韓国が引っ張っている。現代重工、三星重工、大宇造船海洋の3社が中心企業だ。

 この3社の拠点はすべて、韓国南部の釜山から車で1時間ほどのところにある。日本の瀬戸内海地方もまだ存在感があるが、釜山周辺地域はその一けた上の存在感を世界に誇示している。液化メタンガスを運ぶLNG船や、1万個以上のコンテナを運ぶ超大型コンテナ船のほとんどは、この地域で建造されている。世界の海洋資源開発用の設備の約50%もここで製造されている。

 世界の海洋産業のメッカは米国ヒューストンだが、製造のメッカは釜山周辺地域と言っていいだろう。港湾としても日本のすべての港を抑えて、釜山が国際ハブ港としての地位を確固としたものにしている。西日本の企業は、神戸、大阪の港を使う代わりに釜山を使うケースが増えている。東京から釜山まで48時間でコンテナを運ぶサービスも行われている。釜山が国際ハブ港で、日本にはハブ港がなくなったからだ。

コメント10件コメント/レビュー

この文章の趣旨がよくわからない。そもそも、ここで語られる「文化」の定義が明確でないために、欧州○、日・米・中×、韓国△とする具体的な根拠が明らかでない。第一、ヨット人口の増加を即韓国の海洋文化の急速な発展と結びつけるのは大きな論理の飛躍と思える。わたしは宮田教授の言う「文化」というのは別の言葉で言えば「気質」と同義と理解したが、それなら日本人の古きよき職人気質の象徴たる製造業、最近ではオタク気質の象徴たるアニメなど、日本ほど「文化」と経済がリンクした国は他にはない。海に囲まれた島国にも関わらず「文化」を含めた海洋国家としてのビジョンがまるで見えないわが国の現状に対する苛立ちは共感するが、「文化」という曖昧な概念に立脚した批判は、日本の現状を議論するうえで無用な混乱を招くだけのように思える。(2007/10/16)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この文章の趣旨がよくわからない。そもそも、ここで語られる「文化」の定義が明確でないために、欧州○、日・米・中×、韓国△とする具体的な根拠が明らかでない。第一、ヨット人口の増加を即韓国の海洋文化の急速な発展と結びつけるのは大きな論理の飛躍と思える。わたしは宮田教授の言う「文化」というのは別の言葉で言えば「気質」と同義と理解したが、それなら日本人の古きよき職人気質の象徴たる製造業、最近ではオタク気質の象徴たるアニメなど、日本ほど「文化」と経済がリンクした国は他にはない。海に囲まれた島国にも関わらず「文化」を含めた海洋国家としてのビジョンがまるで見えないわが国の現状に対する苛立ちは共感するが、「文化」という曖昧な概念に立脚した批判は、日本の現状を議論するうえで無用な混乱を招くだけのように思える。(2007/10/16)

経済、産業、技術の発展は、ハードパワーだけでなくソフト・パワーが必要であることが当然とされてきた。このソフト・パワーに文化が含まれ、’文化経済学’の創始者ラスキン以来ヨーロッパを中心に’産業・技術’の社会基盤を形成してきている。日本の工学世界では、東大教授をはじめとして’論文を多数書くスキル’(業績主義)に秀でた学者が優れているとされるが、ヨーロッパのようにエンジニアリングの中に’文化’いやそれどころが’哲学’を展開する研究者がまるでいない。’文化・哲学’は’教養’であり工学と別だと勘違いしている。’東大工学博士号’とPhD(Doctor of Philosophy)の違いは大きい。(2007/10/15)

多くの評論家に共通した「日本卑下論」を感じました。A.トインビーが看破したように文化は地球上を螺旋状に地域を移して発達するものではないでしょうか。江戸時代の日本には数学・林業・漁業・絵画・陶芸等々で優れた文化が醸成されていた。しかし、これを欧米に主に言語の乖離が厚く旨く開示したり展開したりできなっかった。昨今の中国、少し遡って韓国の若者の熱気ある向上心は、昭和40・50年代のわが国の状況と非常に似ている。もっとマクロにみると、20世紀初頭のアメリカにも似ている。それらには文化を見出し日本にだけは文化が見出せないのだろうか。今日本が留意すべきは、もてる文化の開示であると思う。清潔で整然とした法治国家、ゲノム・DNA解析とセキュリティーへの応用、学校教育と平均的教養、トヨタの生産方式、アニメこれらは先進諸国の中でも優れた事例の一部だと思う。謙虚な自信を喚起したい。(2007/10/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長