• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

文化なき経済の弱点

経済と文化が両輪を成すEU社会を学べ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年10月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 今、韓国南部の慶尚南道(キョンサンナムド:半島の南部の行政区)の近隣地域では、造船業をはじめ重厚長大産業の元気がいい。海に面していて、日本で言えば九州のような地域である慶尚南道の道庁所在地、昌原(チャンウォン)にある慶南発展研究院から、7月のある日、電話がかかってきた。滑らかな日本語だ。きっと日本への留学経験のある方なのだろう。

 「昌原で今年、“ヨット・コリア2007”というフェスティバルを11月1日から4日まで開きます。韓国では海洋文化や海洋スポーツを振興する動きが高まっていますし、アメリカズカップにも関心があります。ぜひ、先生に来ていただいて基調講演をしてほしいのです。OKでしたら、これから全体のプログラムを企画します」
 
 韓国では、最初はアカデミックな業績で、その後は私のヨットの科学や、アメリカズカップのプロジェクトマネジメントをテーマにした都合3冊の本が韓訳されていることで、どうやら私のことを知っている人も多いらしい。
 
 10年前、私の研究室のメンバーとなったI君は釜山出身。お父さんはベトナム戦争の兵士で、複雑な家族を持つ学生だったが、釜山海洋大学でヨット部に所属していた。いろいろな意味で珍しい学生だった。彼の話では、その頃の韓国のヨット人口は300人か3000人かよく分からないけれど、取るに足らないレベルだと言われていた。この10年のうちに、韓国の海洋文化は大きな進歩を遂げたようだ。

韓国の造船産業はなぜ活況を呈しているのか

 今、世界の造船産業は韓国が引っ張っている。現代重工、三星重工、大宇造船海洋の3社が中心企業だ。

 この3社の拠点はすべて、韓国南部の釜山から車で1時間ほどのところにある。日本の瀬戸内海地方もまだ存在感があるが、釜山周辺地域はその一けた上の存在感を世界に誇示している。液化メタンガスを運ぶLNG船や、1万個以上のコンテナを運ぶ超大型コンテナ船のほとんどは、この地域で建造されている。世界の海洋資源開発用の設備の約50%もここで製造されている。

 世界の海洋産業のメッカは米国ヒューストンだが、製造のメッカは釜山周辺地域と言っていいだろう。港湾としても日本のすべての港を抑えて、釜山が国際ハブ港としての地位を確固としたものにしている。西日本の企業は、神戸、大阪の港を使う代わりに釜山を使うケースが増えている。東京から釜山まで48時間でコンテナを運ぶサービスも行われている。釜山が国際ハブ港で、日本にはハブ港がなくなったからだ。

コメント10

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長