• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「軽」の優遇に見直しも、自工会が税制改革を要望

  • 池原 照雄

バックナンバー

2007年10月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント3件コメント/レビュー

現代の軽自動車は排気量のわりに車重が重く、エンジンを高回転で回すため、リッターカークラスと比べて実用燃費が良いわけではなく必ずしも環境にやさしくはありません。純粋に燃費で課税額を決めるのなら納得はいきますが、いまの軽自動車の飛びぬけた優遇はいびつです。(2007/12/26)

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現代の軽自動車は排気量のわりに車重が重く、エンジンを高回転で回すため、リッターカークラスと比べて実用燃費が良いわけではなく必ずしも環境にやさしくはありません。純粋に燃費で課税額を決めるのなら納得はいきますが、いまの軽自動車の飛びぬけた優遇はいびつです。(2007/12/26)

 賛成だけど反対!という感じです。環境負荷も低い軽自動車が低税率なのは当たり前なのに、安易に“改正”すると普通自動車の税率に合わせられてしまいそうだから。官僚はいつも増税しか考えていないでしょう。 税率を変えようというならよほど準備をして、官僚たちに換骨奪胎されないようにしてからでないと。*因みに“改正”って言葉、マスコミの方は使用禁止にしませんか。官僚の言うとおり変えるのが当然という言葉ですよね。(2007/12/12)

自動車関連税制の簡素化に賛成です。簡素化によりこれら諸税を管理するためのコストを下げることにもなると思います。ユーザー、行政、メーカーがそれぞれ異なった利害関係にあるため大幅な変更は大変だとは思いますが、総合的に見て環境負荷の小さい車をより優遇する等、環境問題をより一層重視した新税制となることを期待します。(2007/10/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長