• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

創造的な経営をするために

メンバーの能力を100%発揮させる「スカンクワークス」手法に学ぶ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年10月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 2000年の「アメリカズカップ・ニュージーランド大会」への参戦を思案していた1995年4月、国立大学教員の民間企業への兼業が解禁された。もちろん技術移転のような正当な目的のためだけのものだ。そうして私は同年8月、株式会社ニッポンチャレンジ・アメリカズカップのテクニカルディレクターに就き、日本チームの運営の一端を担うことになった。
 
 経営ボードメンバーは会長と3人のディレクター。会長の山崎達光、オペレーションディレクターの菊池誠、セーリングディレクターのピーター・ギルモア、そして私である。
 
 実質的には3人のディレクターによるトロイカ体制の経営だったが、その間、たくさんの失敗を経験した。レースのちょうど1年前、有力チームがオークランドのレース海面で練習試合を繰り返しているのに、日本チームは遠征できなくて、絶好の練習機会を無にした。試合はマッチレースなのに2チームを編成できなくて、マッチレース形式の練習を行えなかった。この2つの失敗の主因は資金不足だった。

 試合中も、準決勝に投入する艇を間違えるという大きな失敗をした。予選3回戦で快進撃を続けたJPN52「韋駄天」ではなく、JPN44「阿修羅」を選んでしまったのだ。マッチレースの結果ではなく、単なる練習セーリングの結果を尊重したミスだった。
 
 経営の失敗を挙げればキリがない。私の経営経験は特殊で小さな規模のものだけだが、それでも経営がいかに難しいことであるかは分かるようになった。

世の中に存在しない戦闘機を作り出した「スカンクワークス」

 ステルス戦闘機など技術の先端を切り開くような技術開発の経営も大変難しい。以前にも紹介した「スカンクワークス(skunk works)」(関連記事「“ステルス攻撃機”開発のチーム運営に学ぶ」 )は、難しい技術開発プロジェクトのために作られたチームである。「スカンクワークス」という言葉は、米ロッキードが「ロッキード先進開発計画」の通称として使ったことに始まり、ステルス攻撃機の開発で有名になった。
 
 米軍の最新鋭軍用機の開発は、定番商品であるボーイング787など旅客機の開発の経営のようなものとは異質の難しさがある。優先順位を一つ間違えるとネガティブスパイラルが発生し、すべてが破綻したり、テストパイロットの命を奪うことになりかねない。

 今や「スカンクワークス」は、“創造型組織”や“最先端技術開発チーム”を指す一般的な言葉となった。ボーイングでは「ファントムワークス」と呼ばれたりするなど、企業やプロジェクトごとにいろいろな名前が付けられるが、考え方は同じである。

 「ロッキード先進開発計画」の初代ボスのケリー・ジョンソンによれば、スカンクワークスのメンバーは少数精鋭で10人から15人で構成するという。大きなプロジェクトだからといって、最初から大量の人員を投入するのに問題があることは、私の新入社員時代にも経験していた。
 
 それはLNG(液化天然ガス)運搬船の開発プロジェクトでのことだった。私はこのプロジェクトの末端で基本設計を担当していたのだが、各部から集まってきた100人近いメンバーによる大プロジェクトは、スロッシング(タンクの中の液体の激しい運動)問題を解決できないため、結局、中止に追い込まれた。

コメント2

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長