• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ソフトウエア危機」を奇貨として利用者教育を

  • 横浜 信一

バックナンバー

2007年10月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今から約20年前、世の中がバブル経済に沸いていた時期、「ソフトウエア危機」という言葉が政府によって喧伝されていた。コンピューターの急速な普及に伴いソフトウエア技術者への需要が高まる一方、技術者の育成が追いつかず、需要に応えることができないのではないか、その結果、産業界の情報化が進まないのではないか、こうした予測のもとに謳われた言葉である。当時の予測では2000年時点で約40万人のソフトウエア技術者が不足すると想定されていた。

 この予測が正しかったかどうかを定量的に検証することはなかなか困難である。仮に供給が追いつかなかったとしても、それは需要の減少・先送りという形で吸収され、結果として需要と供給は一致してしまうからである。ただし、一般的な感覚としては、1990年代から2000年代初めにかけての景気停滞とともにIT(情報技術)投資も手控えされ、政府が予測したような「クライシス」は起きなかったと思われる。

再び巡って来たソフトウエア危機

 20年を経て、改めてソフトウエア危機が起きるのではないかと訴えたい。

 企業のITへの投資意欲は明らかに高まっている。手控えてきたインフラの更新、レガシーからオープン系への移行、セキュリティー対策といったメニューに加え、基幹系のグローバル対応、フロント系の顧客対応力強化など、ニーズは目白押しである。そして、業績が順調に推移している中、こうしたニーズに応えるだけの予算確保にも余裕が出てきている。

 しかし、資金があってもシステムを作る人がいない、マンパワーの確保がボトルネックになってニーズに応えることができないという状況が顕在化してきている。ある保険会社を例に取ると、新商品開発のアイデアが事業部から寄せられるが、システム開発がボトルネックになっており商品上市の先送りを余儀なくされている。

 マンパワーの不足は頭数の問題だけではない。業務の分析を行うビジネスアナリスト、システム全体の構想を作り維持するアーキテクト、個別プロジェクトを運営するプロジェクトマネジャーなど、単純なソフトウエア開発業務を超えた業務に携わる人材が特に不足している。

 ソフトウエア人材が足りなければ海外での開発、オフショア化を進めればよいではないか、という意見があるかもしれない。筆者はオフショア化推進論者であり、グローバルに最適な開発体制を組むことが望ましいと考えている。

 しかし、オフショア化の実際は多くの困難を伴う。「要件定義書は日本語でしか書けない」「画面表示はやはり日本語にしたい」といった現実的な制約を考えていくと、日本語が分かる技術者がいるところでないとオフショア化は難しい。結果として、中国などで日本語が堪能な技術者を雇っている大手ITベンダーであっても、オフショア開発は全体の1%にも満たないのが現状である。

IT投資の多くを占めるのは、人材コスト

 私はソフトウエア危機が再来するかもしれない今こそ、「IT投資・支出」の質を上げるチャンスではないかと考えている。

 一般的にIT投資や支出の「無駄」というと、ベンダーへの発注が過剰スペックになっている、あるいは高い買い物をしているなど、ベンダーに支払う支出のみ問題にされることが多い。

 IT投資・支出の主要構成要素はハードウエア(リースのことが多い)、ソフトウエアライセンス、通信回線、建物、ソフト開発、システム運用・保守費用などである。このうち、ソフト開発、システム運用・保守費用は人件費の固まりだ。また、社内のIT部門の人材コストも、当然この中に含まれる。

コメント0

「横浜信一の「ビジネステクノロジー進化論」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長