• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

車椅子界のポルシェのカッコ良さ

進化の目覚ましい弱者向け技術(1)

2007年11月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この夏、酷暑の中、世界陸上が大阪で開催されました。期待された日本選手たちのパフォーマンスはいま一つ不発気味で、最終日の女子マラソンの土佐礼子選手の銅メダルでなんとか面目を保ったという結果に終わりました。

 開催国日本からは過去最多の81人の精鋭選手が参加しましたが、8位以内の個人種目の入賞は土佐選手を含めて総計6人。メダル獲得数での国別対抗では36位という結果でした。悪いコンディションの中でも実力を出し切ることの難しさを知らしめるような結果だったと言えるでしょう。

 今回の世界陸上では公開競技として2種目限定ながらパラリンピック種目も行われました。男女の1500メートル車椅子レースです。その結果は、副島正純選手の銀メダルを筆頭に8位以内入賞者数が日本選手10人のうち計5人という大活躍ぶりでした。

 ご存じのように、世界陸上でもトップアスリートたちは特注品のシューズを履いています。大手のスポーツメーカーには熟練工を絵に描いたような達人がいて、専属契約を結んだ選手たちに個別にテーラーメードのシューズを提供しています。足の形に合わせるだけでなく、各々の走り方の特徴を生かす工夫や、弱点を補強するような設計思想を盛り込んだうえで、熟練の手業が完璧にフィットするシューズを作り上げます。作り手が選手以上に選手を知り尽くすソリューションの極致の世界です。

 軽量化を極限まで突き詰めたレースシューズになると、素足の皮膚の一部のようであり、本番1回走るだけの耐久性しか保証できないような尖ったものまであるといいます。ここまで極めたレーシングシューズのパフォーマンスへの寄与度はどれくらいかというと、「5%」というマジックナンバーがあります。たかだか5%と言うなかれ、100分の1秒を競う頂上の世界では、この5%にしのぎを削る価値は十分にあるのです。

「カラダ1割、クルマ9割」の競技に挑む千葉の車椅子メーカー

世界有数の競技用車椅子メーカーであるオーエックスエンジニアリング(千葉市)が開発した最新モデル。北京パラリンピックを視野に入れたこのモデルでは、メインフレームに今までにない中空プレスフレームが採用され、重量を増やさずに剛性を上げることに成功している

世界有数の競技用車椅子メーカーであるオーエックスエンジニアリング(千葉市)が開発した最新モデル。北京パラリンピックを視野に入れたこのモデルでは、メインフレームに今までにない中空プレスフレームが採用され、重量を増やさずに剛性を上げることに成功している (写真:小久保 松直、以下同)

 一方の車椅子レースですが、こちらの世界には「カラダ1割、クルマ9割」という言い回しがあります。乗る車体を替えた途端に記録が飛躍的に伸びたという事例は珍しくない世界だそうです。普通の陸上競技の方のトップアスリートに聞くと「身体をギリギリまで追い込むからこそ、その5%の靴の性能にこだわるんだ」と言います。

 そして車椅子レースのトップアスリートは「その9割の車の性能を最高に引き出すためにギリギリまでカラダを鍛えるのだ。いかに人車一体になれるかにかかっている」と言います。トップを狙うこの世界では、シューズは足との一体化を、車椅子は人車一体を目指しているようです。

 今回のコラムはこの車椅子アスリートの世界です。身体に障害を持ち、本来は「弱い人」なはずなのに強い人、ハンディキャップなのにトップアスリートというユニークな属性のモノづくりについて考えてみたいと思います。

 実は、車椅子界に現れた花丸急上昇中の注目の日本メーカーがあります。日本のトップレベルの選手の約90%近くのシェアを獲得し、“車椅子のポルシェ”と呼ばれるレーシングマシンを創り出すオーエックスエンジニアリング(千葉市、以下OX)です。同社の広報を担当され、同時にパラリンピック北京大会を目指す全日本の強化指定選手でもある花岡伸和氏にお話を伺いました。

コメント14件コメント/レビュー

本来は「弱い人」なはずなのに強い人、ハンディキャップなのにトップアスリートというのは、結局は本人次第でしょう。本来「強い人」「能力のある人」でも、努力を怠ったり自分を信じ切れなかったりしたら、本来の持ってるものを発揮できないでしょうから。今回のメーカーも「かっこよさ」「速さ」を追求し続けた結果が成功に繋がったと思いますので、どんなやり方であれ、信念を持ち続け継続し続ける事が大事でしょう。但し、車イスがいくらかっこ良くてセミカスタム品でも高価すぎるのは少し残念です。保険が利く4年間持つ程度というのは問題ですが、今後のこの会社の社会貢献を考えると、そこそこ安くて、かっこ良い車イスを作って欲しいものです。(2007/11/10)

「川口盛之助の「ニッポン的ものづくりの起源」」のバックナンバー

一覧

「車椅子界のポルシェのカッコ良さ」の著者

川口 盛之助

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)

盛之助 代表取締役社長

戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにてアソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本来は「弱い人」なはずなのに強い人、ハンディキャップなのにトップアスリートというのは、結局は本人次第でしょう。本来「強い人」「能力のある人」でも、努力を怠ったり自分を信じ切れなかったりしたら、本来の持ってるものを発揮できないでしょうから。今回のメーカーも「かっこよさ」「速さ」を追求し続けた結果が成功に繋がったと思いますので、どんなやり方であれ、信念を持ち続け継続し続ける事が大事でしょう。但し、車イスがいくらかっこ良くてセミカスタム品でも高価すぎるのは少し残念です。保険が利く4年間持つ程度というのは問題ですが、今後のこの会社の社会貢献を考えると、そこそこ安くて、かっこ良い車イスを作って欲しいものです。(2007/11/10)

以前デパートですごく小回りの効きそうな車椅子(おそらくOX社製?)に乗った女性に出会いましたが、同伴の健常者の方と会話をしながら、ごく普通にエスカレーターを器用に乗って利用されている姿を見て、「カッコいい!」と思いました。(車椅子でエスカレーターを利用してよいのかどうかは別として)車椅子を体の一部のように乗りこなし、颯爽とした姿は今でも忘れられません。行動をアクティブにさせる、まさに心を豊かにする道具だと思います。心の時代のモノづくりでどのような製品が産みだされていくのか楽しみです。(2007/11/09)

日本のカーメーカーからポルシェに匹敵する会社がまだ生まれていないにもかかわらず、車いす界では、すでに世界級のワークスが生まれているのですね。こういった分野で、世界をリードする企業がいることは誇らしいことです。義足やさまざまな補助器具の分野も紹介してください。(2007/11/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長