• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リスクを評価して定量化することの意味

サブプライムローン問題と金融システムシミュレーション

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年11月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私の研究室(大学工学部システム創成学科と大学院環境海洋工学専攻)の学生が研究するテーマは近年、多様になっている。小売業から国際的企業まで大小様々な「経営システム」を研究対象とするのが主流なのだが、流体力学や高速船を研究するグループもある。

 研究の入り口は、それぞれの研究分野やビジネスの現状調査だ。インターネットのおかげもあり、最近の学生の調査能力は高い。ただし、毎週各グループで5回近くあるミーティングや、全員ミーティングの場で学生が調査結果のプレゼンテーションを行う際、どうしても定型的な表現だけで説明するケースが多い。

 よくお目にかかるのはパワーポイントなどを使った2次元マップ。ビジネススクールやコンサルティングファームがよく使うやつだ。縦軸に成長性を取って“高い”から“低い”と書き、横軸には収益貢献度を取って、やっぱり“高い”“低い”と書いてある。

 そんな図表を説明する学生に対して、私はこう言う。「“高い”や“低い”では感想みたいなものだ。縦軸にも横軸にも数字を入れなさい」。基本的な情報が数字で表現できなければ、結局、科学的かつ論理的な手法へと発展していかないからだ。例えば、“顧客満足度”のような定量化しにくいものも、5段階で表示するようにする。そうすることによって新しいビジネスを定量的に評価できるし、リコメンド(推奨)システムを創る時などに威力を発揮する。

 “高い”や“低い”といった形容詞や、キーワードに頼った仕組みのままだと、いつまでもアナログで低いレベルから抜け出せなくなるから、最初の段階から避けねばならない。

アナログのままでリスクを定量化していない危うさ

 世界に動揺を与えているサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題の根本原因は、評価対象の価値とリスクを定量化(デジタル化)できなくてアナログのままにしてしまっているシステムと見ている。基本情報をアナログ的なものに依存しているシステムが、抱え続ける問題だろう。

 企業や債券、投資信託は、格付けによってリスクが評価されている。企業であればムーディーズ・インベスターズ・サービスやスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)といった機関が格付けを行い、権威さえ持つようになっている。しかし、格付け自体はAとかBとかアナログなのだ。

 それでは、例えばAAAの企業の株式とBBの債券が50:50で組み込まれた投資信託の格付けはどうなるのだろう。基本情報が数字で示されていないから、その組み合わせ結果のリスク評価の科学的論理性は低くなる。それらが組み合わされてさらに複雑な商品になれば、複雑さによって誤差が拡大し、しかもその誤差の大きさがよく分からない商品になる。リスクの高い商品になっているかもしれないが、その大きさが不明になってしまうのだ。

コメント13

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)