• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リーダーは現れない、育てよ

社会人教育の見直しが急務なのは自明の理

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2007年11月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「10人の優秀なリーダーがいれば、国を変えられる」。韓国南部・慶尚南道の知事である金台鎬(キム・テホ)氏が酒席で部下にこう語ったそうだ。
 
 金知事はまだ40代半ばだが、今度の韓国大統領選挙のハンナラ党予備選の候補にも挙がったほどの人物。運があれば、いつか本当に大統領になるかもしれない。
 
 先日、韓国の「南海岸時代」プロジェクトの学術大会に招かれた私は、金知事と30分ほどお話しする機会が持てた。その時彼に、何か「大人の風格」のようなものを感じた。人の話を熱心かつ謙虚な姿勢で聞く器の大きさを持ちながら、内に秘めた意志の強さも感じられたのだ。私の長い人生の中で「大人の風格」という言葉を思い出させる人に出会ったのは初めてだ。
 
 10年近く前、ある国際的文化活動への支援をお願いするため、霞が関へ向かい、ある大臣と会った。私が代表として30分ぐらい説明した後、大臣は口を開いた。「写真を撮りましょう」
 
 大臣席に私たちを座らせて、さあ記念写真を撮れと言うのだ。私のことをおのぼりさんか地元の後援会の誰かと勘違いしていたのだ。高齢のせいもあるのかもしれないが、その思考能力の低さに呆れてしまった。日本では、こんな人まで大臣になってしまうのか、と。
 
 大臣の不祥事は年々増えるばかりだし、十数名の大臣の中に本当にリーダーシップを持ち合わせている方は何人いるのか疑わしい。まるで“上がり”のポストに就いたかのように「名誉なことです」と勘違い発言した大臣もいた。こんな例を挙げていてはキリがないくらいだ。

日本のリーダーシップの低さが世界中にさらけ出された

 9月には首相が自らの能力の限界を認めて、最高のリーダーのポジションから逃げ出し、11月には野党第一党の党首がプッツンして辞めると言い出したり、慰留されて翻意したり、世界中に日本のリーダーシップの低さをさらけ出してしまった。国民も誰もがしらけて、もうウンザリという雰囲気がある。
 
 おまけに、国会のテーマの中では、給油問題と役人のモラルの低さが引き起こした不祥事の対策ばかりがクローズアップされ、今の日本にとって最も大切なテーマに対する議論と実行案の作成がなおざりになっているように見える。

コメント20

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長