• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「正義」こそ日本エンジニアの生きる道

進化の目覚ましい弱者向け技術(3)

2007年12月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前々回前回と、このコラムでは車椅子や乳母車のような「弱い人」の乗る車両について考えてきました。世界の歴史の中でも最も急速に高齢化社会を迎えるわが国は、同時に深刻な少子化問題を抱える状況にもあります。ものづくり側にできることとしては、使う側の負い目感を軽減し、逆に誇りさえ持たせるカッコイイ道具づくりというコンセプトが、この少子高齢化問題の一助になることを期待したいと思います。

 ところで、車椅子の場合、重度障害者用にはモーター駆動タイプが用意されています。それも、障害の程度に応じて、電動アシスト自転車のように補助用に駆動するものから、指のレバー操作だけで自在に操れるフルオート方式まで各種ラインアップがあります。

 このような補助道具の設計に当たっては、障害者に残存する機能をできるだけ活用し、自助努力を促すことがその基本思想になっているのです。足が不自由なら腕の筋力で車輪を回す、その腕力も衰えてきたら電動機の力でアシストしてでも半分は人力で頑張る、どうしてもだめならジョイスティックで操縦運転ということです。

車椅子の未来形、世界の最先端を走るアシストスーツ「HAL」

 車椅子の今後の進化を考える時、近年注目を集めているのが装着型の「アシストスーツ」です。鎧や具足を身に着けるような要領で身体に装着するロボットをアシストスーツと呼びます。高度なセンシング機構が備わっていて、ヒトの筋肉の微妙な動きを感知し、モーターなどの動力機構がその人の動きたい方向に力添えをしてくれるハイテク装置です。世界各国がこのコンセプトの試作機を研究開発中ですが、世界の最先端を突っ走るモデルが、日本のHALシリーズでしょう。

筑波大学大学院システム情報工学研究科の山海嘉之教授の研究室が開発した、ロボットスーツ「HAL-5」。2006年度グッドデザイン金賞も受賞したこのサイボーグ型ロボットは、身体に装着することにより人間の身体機能を拡張、増幅、強化できる。 Prof. Sankai University of Tsukuba / CYBERDYNE Inc. 筑波大学大学院システム情報工学研究科の山海嘉之教授の研究室が開発した、ロボットスーツ「HAL-5」。2006年度グッドデザイン金賞も受賞したこのサイボーグ型ロボットは、身体に装着することにより人間の身体機能を拡張、増幅、強化できる。 Prof. Sankai University of Tsukuba / CYBERDYNE Inc.

筑波大学大学院システム情報工学研究科の山海嘉之教授の研究室が開発した、ロボットスーツ「HAL-5」。2006年度グッドデザイン金賞も受賞したこのサイボーグ型ロボットは、身体に装着することにより人間の身体機能を拡張、増幅、強化できる。 Prof. Sankai University of Tsukuba / CYBERDYNE Inc.

 HALとは、筑波大学の山海嘉之教授チームの開発した「Hybrid Assistive Limb」の略称です。手足の筋力の弱ったヒトがこれを装着することで、荷物を持ち上げたり(右上の写真はコメです)、階段を上ったりというような際の不足分の筋力を補うというシーンをイメージして作られたものです。

 しかし、以前述べたように、ハンディキャップ用の道具づくりは個々の対象者の障害の程度が大きく異なるので、それぞれの程度に応じたカスタマイズ設計をすることが重要になります。

 その意味で、今後はHALにも先端の義肢(義手や義足のこと)制御技術が搭載されることでしょう。手足を動かそうとする時に皮膚の表面にわずかに現れる筋電位を拾って増幅する機構が実用化されようとしています。また、事故で手足を失ったとしても、切断面の神経から信号を検出し電動義肢を動かすシステムが実証されつつあります。さらに究極的には、脳直結と呼ばれる、頭で考えただけで思い通りに動かすメカニズムさえ、まんざら夢物語ではないところにまでマン・マシンインターフェースは進化しています。

 まだまだ時間は要するでしょうけれど、近年のこのあたりの技術分野の進歩には著しいものがあります。障害の程度に応じてエレクトロニクスのアシストで補完できるというのは本当に素晴らしいことだと思います。

コメント16件コメント/レビュー

"日本は強いシーンを考えることが政治的、社会的に封印されていて、自国専用の規模に自制し、自国防衛用に限定してる”というのは意図して、そうなっているか疑問ですが、強い人向けの技術も弱い人用技術も同じとこに行きつくのは、何かを補う or 何かをUPするのは”似たもの”という気がします。このように進化してくると”(のび太君のような)優しさと自己を律する強さ”が必要でしょう。(2007/12/09)

「川口盛之助の「ニッポン的ものづくりの起源」」のバックナンバー

一覧

「「正義」こそ日本エンジニアの生きる道」の著者

川口 盛之助

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)

盛之助 代表取締役社長

戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにてアソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

"日本は強いシーンを考えることが政治的、社会的に封印されていて、自国専用の規模に自制し、自国防衛用に限定してる”というのは意図して、そうなっているか疑問ですが、強い人向けの技術も弱い人用技術も同じとこに行きつくのは、何かを補う or 何かをUPするのは”似たもの”という気がします。このように進化してくると”(のび太君のような)優しさと自己を律する強さ”が必要でしょう。(2007/12/09)

トヨタの未来カーの深淵な理由が、日本ならではな弱い人向けだった、いう説は初めて聞きました。ちまたでは、車体が軽いのでエコカーだという説明になっています。I-realのIは「愛」なのかもしれま せんね・・真実の愛環境に優しくて、地球に愛だけでなく、弱者にやさしい車を目指していたんですか!珍説ですが、妙に納得しました。(2007/12/06)

戦争が発明の母というのは、私たちの悲しい性です。技術は使い方次第で悪にも善にも使えるという話は、昔からよく聞きますが、武器よりハンディキャップ用などの弱者用技術の方がカスタマイズが大変など、開発が難しいのだという構造は、今回初めて理解しました。ハイエンドユーザーとして弱者を向いていればむしろ高度な技術を磨けると思うと、この国の先も明るいかもしれないと感じました。(2007/12/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長