• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“快音設計”という売りモノ

仏像を彫るように音を削り込む現代の職人技

2007年12月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 以前、本コラムでは騒音対策の話をしました。ノック音の音質を切り替えられるマナーモード付きボールペンや、近所迷惑にならぬよう室外機が出す騒音を低減するエアコンのような発想は、いかにも日本ならではのもの。その商品を購入するオーナーの欲求を満たすというレベルを超えて、その道具を使う際に周囲へ与える悪影響を少なくしようという「謙虚な贅沢品」であるという話でした。

 騒音のようにやむを得ず出てしまう不快な現象に対しては、その程度をできるだけ少なくしてゼロに近づける打ち手しかない、というのが普通の考え方です。しかし、逆転の発想で、出てくる音が絶妙に美しい音色であったらどうでしょう。

 音色とはニュアンスが少し違いますが、例えば掃除機で床に散らばった小さなゴミくずを吸い込む時、バリバリバリッという“騒音”がノズル先端から本体の奥に駆け上がっていくのを聞くと、どんどん吸い込んでいるという達成感とか充実感が得られてプチうれしいですよね。このように道具から出る騒音の扱いとは、操作感覚とも密接に関係しているので、単純にゼロを目指せばよいというものでもなさそうです。

 今回は、道具から出る騒音を低減する際のアプローチについて、このような視点でユニークな音設計を手がける研究者、中央大学理工学部の戸井武司教授にお話を伺いながら、日本のモノづくりを考えてみたいと思います。

消音へのこだわりにより、日本の家電品の静音化レベルは世界最高水準

産官学連携研究により、家電からカメラ、ゴルフクラブ、コピー機、自動車まで幅広い分野の製品の「快音設計」を手がける、中央大学理工学部の戸井武司教授

産官学連携研究により、家電からカメラ、ゴルフクラブ、コピー機、自動車まで幅広い分野の製品の「快音設計」を手がける、中央大学理工学部の戸井武司教授 (写真:山西英二)

 そもそも振動や騒音を低減する技術分野は、戦後になって騒音公害が社会問題化し、都市に騒音取り締まり条例が施行されるようになるとともに重要な研究対象となってきました。過密都市に暮らす日本の自動車や家電品の静音化レベルは、今に至っては世界最高水準を誇るものへと成長しました。

 日本の高級車の車内の静粛性にかける情熱は世界でも群を抜いたものであり、海外のエンジニアからは、そこまでムキになって過剰に静粛にするとドライビングを楽しめないというような、ねたみめいた批評を受けた時期もあったそうです。パソコンの冷却ファンの騒音でさえも技術課題と考え、エンジンのように液循環式の冷却技術まで商品化されています。

 日本人のここまで徹底した消音へのこだわりには、言語学的な特徴も関係していると戸井教授は指摘します。日本語会話は世界でもまれな母音で判断する言語であるという特徴があります。母音は子音に比べて周波数が低く、日本語会話では他のほとんどの言語より際立って低い周波数帯で聞き分けているという特異性もあるのだそうです。

 母音主体の200~2000ヘルツ近辺での音に慣れている我々にとって、高い周波数は聞き慣れない音域であり、これを不快な騒音と感じてしまうことも静粛性を突き詰める1つの原因と考えられているとのこと。

 子音で判断する外国語では、「シュ」「パッ」など高い周波数帯の破裂音や摩擦音を多用しますが、この時彼らは4000~5000ヘルツの高音域まで使っているのです。混雑した電車内などでも外国語で話す方々の会話が、妙に通って聞こえるのもこれが原因です。

コメント13

「川口盛之助の「ニッポン的ものづくりの起源」」のバックナンバー

一覧

「“快音設計”という売りモノ」の著者

川口 盛之助

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)

盛之助 代表取締役社長

戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにてアソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック