• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国がエコカーの開発に本腰

燃料電池と二次電池を独自開発

  • 金子 憲治

バックナンバー

2007年12月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 エコカーの出品数では世界最大級のイベントである「2007年チャレンジ・ビバンダム」(主催ミシュラン)が11月中旬、中国・上海市で開かれた。中国メーカーも燃料電池車などを発表、技術力をアピールした。

 今年は約60社から100台以上が出品された。ハイブリッド車や電気自動車、燃料電池車などのモーター駆動を取り入れた車、排ガス浄化性能の高いクリーンディーゼル車などだ。上海市での開催もあり、約半数は中国メーカーの出品で、同国のエコカー戦略が浮き彫りになった。

 セミナーで講演した上海市の副市長は、「2008年の北京オリンピックの会場では中国が独自開発した22台の燃料電池車が走る。さらに2010年に上海万博の会場には300台の電気自動車を配置する」と公表した。電気自動車の蓄電装置は、二次電池のほか高性能なキャパシター(電気二重層コンデンサ)を想定している。

 実は、中国政府は昨年、ハイブリッド車や燃料電池車、DME(ジメチルエーテル)を燃料にした自動車などを開発するプロジェクトを立ち上げた。2007年9月からは北京でモーター駆動のバスが商用運転し始めた。

 日米欧では、燃費性能の高い次世代車として、二次電池や燃料電池を搭載したモーター駆動車とクリーンディーゼルが競っているが、中国政府はディーゼルよりもモーター駆動を志向している。今回、出品された中国メーカーのエコカーも、モーター駆動車が中心だった。

電気自動車で欧米に進出

 中国の3大自動車メーカーの1社である上海汽車工業( SAIC )は、燃料電池車3台にハイブリッド車、電気自動車を出品し、実証走行を披露した。同社が中国の燃料電池メーカーなどと共同開発した燃料電池車は、既に1500キロメートルを走行したという。2010年には、さらに性能を高めた第2世代の燃料電池車を開発する計画だ。

コメント0

「環境トレンドリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師