• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本で売っても儲からない

だから世界戦略車で勝負

  • 浜田 基彦

バックナンバー

2007年12月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「もう限界だ。日本から撤退しよう」
 「しかし社長、うちは日本の自動車メーカーですよ」
 「しょうがないだろ。選択と集中だよ」

 いや、フィクションですよ。
 そんなことが起きても不思議ではないという話をしよう。

4台に3台は海外向け

 10月末、日本の各自動車メーカーは決算とともに、地域ごとの販売台数を発表した。前年同期比で言うと、北米はプラス、欧州はプラス、アジアもプラス、日本だけがマイナスだ(下の図1)。

図版

図1 2007年度上期の販売台数(一部売り上げ台数、輸出台数)の前年同期比
数字はパーセント

 もう少し長い間の数字を見ても傾向は同じ。国内の4輪車販売はどんどん減ってきた(下の図2)。1996年から2006年までで15%落ちた。

図版

図2 4輪車新車販売台数は15%減、4輪車輸出台数は30%増(トラック・バス含む)
日本自動車工業会調べ

 一方、輸出は好調が続き、30%の伸び。2006年には輸出が国内販売を抜いた。海外生産は絶好調で、この間に83%伸びた(下の図3)。

図版

図3 日本メーカーの海外現地生産台数は83%増(日本自動車工業会調べ。原則として日本ブランド車のみ。単なる技術支援的なものは除外)

 この結果、大づかみに言うと、2006年に日本の自動車メーカーは596万台を輸出し、1097万台を海外生産しているのに、日本国内では574万台しか売っていない。逆輸入などややこしいことがあるので、正確な数字は出せないのだが、割り算すると、2006年、日本の自動車メーカーは、作ったクルマの4分の1しか日本では売っていないということになる。

コメント18

「浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック