• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

存在感を増すサービス業にも科学を導入

Show型とSearch型のどちらの書店が儲かるか

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年1月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 書店やスーパー、コンビニ、100円ショップを訪れて売れ筋を調べていると、自分の全く知らない商品が売れていることに愕然とする。休日にそうした現場を見て回っているのは、「科学的な経営」の実践研究テーマの1つとして小売業も対象に入れ、書籍ビジネスと通信販売ビジネスを取り上げることになったからだ。やはり現場を見なければ何も始まらない。
 
 しかし、若年層に人気の携帯電話向けサービス「モバゲータウン」の物販サイトの売れ筋商品の「ダイエットサプリiedite」や「怨み屋本舗DVD」、新書ジャンルで上位に顔を出す「耽美」ジャンル(ボーイズラブを題材にしたものなど)の書籍などを見ていると、さすがに理解するのに困難を感じてしまう。

 私の研究グループの学生は30人ほどいるが、そのうち10人が小売業を研究テーマにしている。GDP(国内総生産)の70%を占めるサービス業の経営に、科学的な割合を増やしていくのがビジョンだ。今春卒業する学生の1人の就職先はある大手小売業になった。研究室だけでなく、学科の中でも初めてのことかもしれない。

小売業にはShow型とSearch型がある

 書籍ビジネスの研究内容の一端を紹介しよう。

 書店の商品回転率は平均3.5回/年である。ちょうどコンビニの10分の1程度である。この数字から分かるように、書店とコンビニという2つの小売業の間には大きな違いがある。

 小売業の店舗における顧客と商品の結びつけ方には「Show」(見せて推薦する)と「Search」(豊かな品揃えの中から探してもらう)の2つがある。テレビ通販ではモデルや解説者まで使い、執拗にShowを繰り返す。
 
 コンビニもShowしかしないのが基本である。コンビニでSearchさせられ、買いたいものを買うのに時間がかかったのではコンビニの便利さが弱まってしまう。だから1店舗の商品数は3000から5000品目止まりで、規模も大きくない。このため、何を買うか決めてからコンビニに入ると、ガッカリすることもある。これがコンビニという業態なのだが、Searchの楽しさがないこともこの業態に限界を与えている1つの側面だろう。

コメント4

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長