• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

やはり厳しいタタ「28万円カー」の前途

  • 池原 照雄

バックナンバー

2008年1月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月に開催されるモーターショーは米デトロイトの「北米自動車ショー」が最大だが、今年はこと注目度ではインドの「デリー自動車エキスポ」がリードしたようだ。同国の商用車最大手、タタ・モーターズが10万ルピー(約28万円)の超廉価乗用車「ナノ」を披露したからだ。このクルマ、インドだけでなく世界の新興市場での席捲を狙う戦略車だが、前途は厳しいと見る。

図版

 発表された「ナノ」をテレビや新聞報道で見て、洗練されたデザインに驚かされた。車体は全長3.1メートル、全幅1.5メートルと、ほぼ日本の軽自動車規格(全長3.4メートル、全幅1.48メートル)と同じサイズ。専用に開発したアルミブロックのエンジンは2気筒で排気量623cc、最高出力33馬力。パワーはやや劣るものの、エンジンも軽規格(660cc)並みだ。

 タタは年産能力25万台の専用工場を建設し、今年秋からインド市場に投入する。量をこなさなければこの価格は無理なのだが、25万台の工場という思い切った投資にも圧倒される。年間の販売台数が800万台を超え、世界で中国に次ぐ巨大市場となった2輪車のユーザーを国産マイカーに導くというのがタタの悲願である。

ダイハツ「ミゼット」との相似性とは

 しかし、モータリゼーションの進展パターンを当てはめると、このクルマは過渡期の比較的短い間に役目を終えるような気がする。微少単位(10億分の1)を示す「ナノ」から連想したのは、英語で「超小型」(=midget)を意味したダイハツ工業の「ミゼット」との相似性である。

 ミゼットは、3輪の貨物車(実際には乗用車用途にも使われた)という「ナノ」との根本的な違いはあるものの、昭和30年代を駆け抜け、その後の4輪軽自動車ブームにつなぐ役割を果たした。ピークの1960(昭和35)年には8万6000台を売り、4輪車を含む自動車市場でベストセラーとなっている。

 当時の価格は、エンジンが初期モデルの249ccから305ccに拡大されていた後期モデルで22万円程度だった。その頃の貨幣価値から見ると高価であったのは間違いないが、60年当時の日本の1人当りGDP(国内総生産)は、すでに現在のインドの4倍程度であったことを勘案すると、国民に「クルマ」を身近に感じさせる価格であったと言える。

コメント7

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長