• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ハンドボールに集まる注目、「中東の笛」に学ぶポイントは?

  • 須田 伸(スダシン)

バックナンバー

2008年1月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今日と明日、東京代々木体育館でハンドボールの北京オリンピックアジア予選再試合が行われます。今日は女子、明日は男子の試合で、いずれも相手は韓国です。

 これまでずっとマイナースポーツだったハンドボールがここにきて注目を集めているのは、今回の再試合を取り巻く状況が「私にも関係がある!」と大勢の人にアピールする力を持っていたからだと思います。なかなかこうした状況を企業のキャンペーンでつくりだすのは難しいと思います。しかしひとつの参考事例として、今回ハンドボールに何が起きたのか、整理しておくことにはきっと意味があるはずです。それでは、始めましょう。

「中東の笛」の魅力

 「中東の笛」とは皆さまご存じのとおり、アジアのハンドボール界において強大な力を持つクウェートやバーレーンなどの中東の国々の有利なように、審判が試合中のジャッジをするという行為を指した言葉です。

 これまでの試合では、対戦相手の完全なシュート成功が不可解な反則になってしまうことも1度や2度ではなかったと言います。昨年開催されたもともとの北京五輪アジア予選では、開催国である日本が中立の欧州からドイツ人審判員を呼んだにもかかわらず、アジア連盟がこれを認めず、結局、イランの審判員ペアがジャッジを務め、その判定には首をかしげざるをえないものが多々あったというから驚きです。

 本来、公平でなければゲームが成立しない審判がそもそも中東に有利な判定をくだす。まるでお代官やお奉行が腐ってしまっているという、勧善懲悪の時代劇「水戸黄門」や「桃太郎侍」の典型シナリオのような、不公平で許せない状況です。ここに光があたったわけですから、大勢の人が「そいつぁ、許せねー」という気持ちなったのも納得のいくところです。

華のあるスター選手の存在

 元旦のテレビ番組TBS「スポーツマンNo.1決定戦 最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル」で優勝したのが、今回のハンドボール日本代表の中心選手である宮崎大輔さんでした。宮崎選手のような絵になるプレイヤーがいることもまた、話題が大きくなっていく要因の1つだったと思います。

 彼のブログ「ハンドボールメジャー化宣言!革命的プレーヤー『宮崎大輔』!」にも、たくさんのコメントがついています。しかし、このブログタイトル、はからずも今回の騒動によるハンドボールへの関心の高まりを予言したかのネーミングでちょっと驚きです。女性から人気の集まりそうなイケメンの宮崎選手が、テレビ番組で認知され、さらに今回の再試合の騒動の中で毎日の練習や心の葛藤などをブログでストレートに公開していくことで、さらに注目の度合いが高まったのではないかと思います。

一発勝負の相手は日韓戦

 いよいよ開催させる再試合は、中東諸国が不参加を決めたことで、日本と韓国の間で、一発勝負で行われることになりました。仮に予選の再試合が複雑なシステムであったなら「そこまでハンドボールに興味があるわけじゃないしな」と大勢のにわかファンが脱落していたかもしれません。しかし結果的にこれ以上はないシンプルな形に収まりました。

 しかも相手は日本にとって一番近い外国である韓国です。人気スポーツのサッカーや野球においても、韓国はアジアの予選でもっとも手ごわいライバル。がぜん注目が高まります。しかも開催地は東京です。

 また、アラブ諸国という、今回の再試合には実際には登場しない日韓にとっての「共通の敵」がいることで、仮に日本が韓国に敗れることがあっても、それでもまだ「中東の笛」の力によって代表が決まってしまうのよりずっとマシ、という気持ちも働きます。つまり、負けた場合の喪失感までもがある種ヘッジされているという意味でも、最高の舞台設定なのです。

景気の悪化と原油高、オイルマネーへの反発

 「中東の笛」への反感が高まる背景のひとつには、年が明けてからの世界同時株安などに見られる景気の先行きへの不安、とりわけ原油高によるガソリンや灯油の値段の高騰によるビジネスや生活への悪影響があります。

 これは危険なプロパガンダと紙一重の感情なので、決して良いことだとは思っていないのですが、事実として、いくつかのブロガーの記事に「中東の笛」と原油高を紐づけて批判しているのもありました。「週末のドライブに行くのをためらうようになったのも、中東のせいだ!」といった、かなり強引なロジックですが「だから、今回の予選やり直しは他人事ではなく、自分にも関係あるのだ!」という気持ちにさせる働きをしたのは、否定しきれません。

「あなたの周りの中東の笛を教えてください」

 こうした現象を受けて、先週配信のクチコミ番付で「あなたの周りの中東の笛を教えてください」というブログネタ振りをしました。原稿を書いている時点では、まだ数としてはそれほど集まっていないのですが、「自分のほうがあきらかに成果をあげているのに同僚より評価されない」とか「自分の学校の成績は、テストの点数よりも担任のおぼえがめでたい生徒のほうが有利になる」といった、「中東の笛は、自分の周りにも確実にある」という「自分の体験としての中東の笛」が書き込まれています。

コメント2

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長