• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビーフは温暖化の始まり、でも一体どうすれば

  • 浜田 基彦

バックナンバー

2008年2月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「肉なんて食べなけりゃいいんです」。教授が言い出した。教授の前には野菜の皿、私の前にはビーフの皿。どうもすみません。

 お世話になっている大学の教授との会食。話題は、バイオ燃料用途と食糧用途による穀物の奪い合いだった。

 バイオ燃料は、今のところ唯一の枯渇しない自動車用燃料だから、自動車関係者にとって、これが“悪役”になることは頭が痛い。しかし、食べられるはずの穀物を燃やしてしまうのだから、悪役であることは否定できない。食糧、地球温暖化、自動車用燃料が絡み合う問題だ。

確かに、すごい量になる

 牛を食べないとどうなるか。試しに計算してみた。最大勢力だろうから、トウモロコシを食べる牛だけを対象にする。バイオエタノール生産が始まる前、全世界のトウモロコシ生産量は6億~7億トンだった。そのほとんどが飼料というから、遠慮して6億トン。豚や鶏が半分食べるとして、3億トンは牛が食べることになる。

 無茶な仮定だが、これを牛に食べさせるのをやめるとしよう。牛肉が減るが、人間には代わりにトウモロコシで我慢してもらう。トウモロコシを食べていた乳牛には牧草で我慢してもらう。

 「飼料効率」という数字がある。牛は体重を1キログラム増やすのに約10~11キログラムの飼料を必要とするので、飼料効率は10%。牛が飼料を食べると、飼料の10%だけ体重が増えるということだ。豚は25~33%、ブロイラーは46%だというから、牛は大食いだ。

 この飼料効率によれば、3億トンのトウモロコシは、3000万トンの牛肉に化ける。つまり、3億トンのトウモロコシを牛に与えなければ、世界から牛肉が3000万トン減ることになる。今の牛肉生産量が6000万トンだから、半減だ。

 人間はその代わり、3000万トンのトウモロコシを食べる。3億トンのうちの3000万トンを食べても、まだ2億7000万トンが浮いている。これでバイオエタノールを作れる。

 1トンのトウモロコシからは337リットルのバイオエタノールを作れる。よって2億7000万トンのトウモロコシからは900億リットルのエタノールができる計算になる(ここでは取りあえず古めの技術を前提にした数字を使った。粒だけでなく、芯も含めてトウモロコシをエタノールにする技術もできつつあり、この数字は日々大きくなっている)。

計算では1.3億トンのCO2排出量削減

 エタノールの発熱量はガソリンの60%しかない。だから900億リットルのエタノールの発熱量は、550億リットルのガソリンに相当する。エタノールを900億リットル作ることで、550億リットルのガソリンが余ることになる。

コメント15

「浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授