• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マイクロソフトのヤフー買収提案に見る「成熟企業3つの悩み」

2008年2月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「446億ドルに上る企業買収提案」「インターネットビジネスの覇権争い」と報じられると、時代の最先端を行く話に聞こえるが、米マイクロソフトが今抱えている問題は、一世を風靡した成熟企業であれば必ず直面するものである。買収金額や事業領域を取り払って見れば、マイクロソフトの米ヤフー買収提案は、様々な事業領域の成熟企業各社にとって遠い世界の出来事ではない。

 マイクロソフトの悩みの1つは、事業の多角化であり、新規事業の創出である。同社のドル箱は、ワープロや表計算ソフトを含む「Office」と呼ばれる製品と、その製品を支える基本ソフト「Windows」。これ以外の製品も売り上げを伸ばしているが、コンピューターに搭載するソフトウエア製品を開発し、販売する点では変わりがない。つまり、同社をあえて分類すれば「製造業」の仲間に入る。いったん作り上げてしまえば後はコピーをするだけで大量出荷が可能になるソフトの開発・販売事業は、部品調達や大規模な工場が必要な従来の製造業とは一線を画すものの、それでも製造業の一種である。

 これに対し、今回買収しようとするヤフーや、マイクロソフトがライバル視している米グーグルは、インターネット上で検索やオークション、情報提供を行うサービス会社である。といっても事業収入のほとんどは広告だから、サービスの受益者から対価を得ているわけではない。近いのは、テレビ放送会社だろう。

 つまり、今回の買収提案は、トヨタ自動車が多角化を狙って、TBSの買収に乗り出したようなものである。当然、企業体質や文化の差、異なる事業領域の経営経験といった、企業買収につきまとう課題がそのまま出てくる。マイクロソフトはこれまで、百を優に超える企業買収を手がけており、IT(情報技術)産業の中では、企業買収がうまい会社とされてきたが、今回も成功するかどうかは分からない。

 というのも、今までの買収は、「企業や製品というより人を買う」やり方で成果を挙げていたからだ。つまりマイクロソフトとして取り組みたい分野で先行しているベンチャー企業に目をつけ、買収し、その企業の技術者にストックオプションを与え、マイクロソフトにしっかり取り込んでしまう。もっとも金だけで技術者を押さえているわけではない。技術者にとってみると、マイクロソフトを通じて売ってもらった方が、ベンチャーにいるより、はるかに多くの利用者に自分が開発した製品や技術を届けられる。マイクロソフトはパソコンの基本ソフト市場を独占しており、この基本ソフトと絡めて製品や技術を出荷できるからだ。

 だが、ヤフーのようなサービス/広告会社を買う場合、これまでのような買収効果を出せるわけではない。製品や技術であればOfficeやWindows に組み込んで販売できるが、サービス/広告は、パソコンから見るものであっても、パソコンに組み込むものではない。トヨタがTBSを買収し、トヨタ車の中でTBSの放送を見られるようにしたところで、ドライバーがTBSの番組を見るかどうかは別の話である。

市場が飽和、求められる成長戦略

 マイクロソフトはなぜ、異業種のヤフーを買って多角化したいのか。本業の市場が飽和しつつあり、次の成長戦略を求められているからである。企業戦略の観点から見ると、ネット広告事業の出遅れ云々より、成長戦略の確立こそがマイクロソフトの真の悩みであり、これまた多くの大企業に共通する問題である。

 マイクロソフトの動向に詳しい米国のリサーチ会社、ディレクションズ・オン・マイクロソフトはかなり以前から、この問題を指摘していた。例えば4年前、2004年1月に同社は「マイクロソフト2004年の課題トップ10」を発表した際、課題の筆頭に「成熟した産業、成熟した会社における収益源の確保」を挙げていた。

 IT産業は一見すると変化が激しく成熟とは無縁に思えるが、数年おきに大型の新製品を出し、既存顧客に新製品へ乗り換える(これをアップグレードという)ように働きかける、というマイクロソフトの事業形態は創業以来、変わっていない。トヨタが新車を出し、買い替えを勧めるのと同じである。マイクロソフトはパソコンの完成品を売っていないから、もっと正確に例えると、自動車部品メーカーが「新しい部品を開発したので車を買い換えてほしい」と言うようなものだ。「いや、まだまだ走るから結構」と顧客が断った場合、「古い部品の保守点検はあと2年で打ち切ります」と通告する。こうなると、顧客は新しい部品を搭載した車に乗り換えざるを得ない。

コメント3

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「マイクロソフトのヤフー買収提案に見る「成熟企業3つの悩み」」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長