• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ゼロベース思考」で過去と一度決別する

中途半端な成功体験から「その先」は生まれない

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年3月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ゼロベース思考」という言葉がある。今までの考え方、成果、仕事のやり方、制度や設計、すべて忘れて新しいことを追求しようという姿勢のことである。

 人も組織も存続している限り、何らかの成功体験がある。そして、それを継続したいという気持ちがある。毎年、稲作に励んできた農耕民族には特に顕著な気持ちだ。昨年通りのことをすれば、そこそこの成果が得られるのが農耕だから、できればそうしたいと思ってしまう。

 しかし、ゼロべース思考では、過去と一度決別する。これはまるで、これまで一生懸命ためてきた貯金を一度捨てろと言われたみたいなもので、なかなか誰も行いたくはないことだ。しかし、この思考方法ができなければ、大きな成長も大きな成功もないと思った方がいいだろう。

途中で引き返し、イチからやり直すことの意味

 山登りに例えてみる。富士山に登ろうと固く決意して山登りを始め、何時間もたって、この山は富士山ではないことが分かった。どうも八ヶ岳のようなのだ。しかし、もう努力を重ねて6合目まで来てしまった。このまま、八ヶ岳でもいいから登ってしまおうと思いたくなるものだ。6合目までの努力がいじらしく思えるのだ。

 でも、この時は、6合目から下山して、富士山に登り直すのがいい。そうしなければ、いつまでたっても富士山には登れない。つまり、いつまでも二流のままにしかなれない。

 製品設計ではこのような例がたくさんあるだろう。例えば、エンジンの開発設計だ。60%の開発が終わったところで、多少の懸念が出てくることがある。ある部分の強度が少し不安かもしれない。

 しかし、開始から2年もたっていて、もう60%も開発を終えているので、この懸念個所にパッチを当て、先に進もうという例だ。

 このようなプロセスで開発されたエンジンは、後でトラブルや故障を引き起こし、競争力のないエンジンになってしまいかねない。

 もう一度、イチから設計し直すのが正解である。60%までの努力は無駄ではなく、ゼロベースからの再スタートの過程で十分に生かされる。心配しないでゼロまで戻るべきなのだ。

コメント29

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師