• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

時速6キロ以下のデザイン

  • 河岡 徳彦

バックナンバー

2008年3月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月は卒業シーズンです。美術・デザイン系の学校では卒業制作展が開催されています。ここ静岡文化芸術大学でも、学生たちが様々な提案や作品を発表しています。最近は、移動機器デザインに関してある傾向が見られます。それは、「ロースピード」な乗り物に関する提案が目につくことです。

図版

河岡ゼミの学生、鈴木崇裕君による卒業制作作品。電動車椅子、スクーター、自転車を融合させた3人乗りモビリティー

 それは海外でも同じです。英国のロイヤルアートや、米国ロサンゼルスのアート・センター・カレッジ・オブ・デザイン、デトロイトのカレッジ・フォア・クリエイティブ・スタディーズ、ドイツのフォツハイムなど、海外の著名な美術系大学の卒業制作展でも同じ傾向が見られます。

 その背景には、グローバルなマーケットの変化があります。つまり、特に先進国において高齢者の比率が増えているということです。ベルギーの元F1ドライバーでジャーナリストのポール・フレール氏のように、90歳近くになってもレーシングカーを運転するスーパー老人も存在します。しかし、ほとんどのシニアはスピードを出して車を運転することはできません。それよりも、足腰が弱って歩行が困難になった時に、いかに町の中で安全に、かつ快適に移動するかが大きな問題となってきます。

目にするようになった電動車椅子

 私が教職に就いてから研究しているテーマの1つとして、「ロースピード」な生活と移動機器デザインがあります。例えば、歩きづらい、動けないといったハンディを持つ人たちのための「電動車椅子」のデザインを研究しています。

 電動車椅子は、日本の道路交通法で「歩行者」として扱われています。時速は6キロ以下に制限されており、サイズは全長1200ミリ、全幅700ミリ、全高1090ミリが最大値として定められています。日本では、1974年にスズキが初めてハンドル型電動車椅子をマーケットに送り出しました。現在、電動車椅子は累計で約48万台(2006年、電動車いす安全普及協会)が出荷され、確実にマーケットを形成しています。

コメント0

「河岡徳彦の「サイドウィンドウ小景」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授