• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「モノを買う」行為とブログ記事の熱量

  • 須田 伸

バックナンバー

2008年3月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アメリカのハンバーガーチェーン、バーガーキングは過去にこの連載でも取り上げたこともあるように、新しい広告にいつもチャンレンジしています。そのバーガーキングが、またユニークな映像をインターネットで公開してます。既にいくつかの広告関係者のブログで話題になっているので、ご覧になった方も多いかと思いますが、今回はこのバーガーキングの「ワーパー販売やめましたCM」の話から始めたいと思います。

 「ワーパー」とは、バーガーキングの代名詞のようなハンバーガーです。今回の映像はそのハンバーガーを販売中止にしたある店でショックを受けるお客たちの模様を2日間にわたってドキュメンタリーとして撮影(と、少なくとも彼らは主張しています)した作品です。

 「ワーパーは販売中止になったんです」という店員の説明に、「意味がわからない」と言葉を失う人、「私とワーパーにまつわる長い歴史」を語りだす人、「責任者を呼びなさいよ」とドライブスルーで怒鳴りつける女性もいます。

 2日目には「ワーパーのオーダーに対して、マクドナルドやウェンディーズなどの他社のハンバーガーを差し出す」というさらに野心的な「実験」を展開。「俺はなぁ、ウェンディーズのハンバーガーが嫌いなんだ!」といった言葉が隠しカメラが見守る中で飛び交い、最終的にはバーガーキングのキャラクターである「キング」(王様)がワーパーをお客様に提供してハッピーエンド、という作品になっています。

 見終わった後に、単に面白い、というだけではない、不思議な感覚に襲われました。

 通常は、「買ってください」という目的でつくられる広告なのに「その商品を売りません」ということを伝える様がこの企画の「アイデア」なのです。ふざけた企画といえばふざけた企画です。

 しかし「売ってください」という客に対して「売りません」という姿勢を示すことで、結果としてバーガーキングユーザーたちが、ワーパーに対してどれだけ熱い気持ちを持っているか、「商品、ブランドへの思い」を彼ら自身の言葉として引き出すことに成功しているのです。

 これはすごいな。と思いました。実は、いまちょうど始めようとしている企画が、ユーザーにブログで「熱い思いを語ってくれたら売ります」という試みなのです。それもあって非常に興味深く見ました。

 はい。実はちょっと、面白い試みを1週間後に始めます。
 今週は、その予告を少ししようと思います。

100枚限定のTシャツ

100枚限定のTシャツ

 100枚限定のTシャツというものをつくりました。
 人気ブロガーでもあるアーティストの押尾学さんが1枚1枚、自分の足の裏に塗料をつけて足あとをつけた、世界に2枚と同じ型のないTシャツです。よく意味がわからない、という方は、この予告ムービーをご覧ください。

 なんだか面白そうな取り組みであることは感じてもらえるのではないでしょうか。

 なぜ足あとなのか? ということですが、押尾さんのブログタイトルが「entertainment crusher」であることからの「洒落」だと思ってください。

 また今回このTシャツ以上にユニークなのは、7800円のこのTシャツの販売方法です。

 通常、販売できる商品の数に限りがある場合、先着順や抽選といった方法がとられます。しかし、今回はここに「ブログ記事」というフィルターを使用することで、新しい試みにチャレンジします。まずは、このTシャツをつくるにいたった話から始めたいと思います。

コメント3

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官