• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

設計とは決断の連続である

その時のプライオリティーを見抜く力を持て

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年3月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 設計は、定めた目標に向かって“決断”を繰り返していく作業である。目標と定めた機能または性能が“決断”の結果によって達成されるかを“予測”しながら、順番に“決断”を行っていくのである。

 この作業の中で“決断”の優先順位を間違えないことが大切である。すべての設計の段階でのファーストプライオリティーを間違えないようにするのである。
 
 私たちの高速船開発のプロジェクトが佳境に入っていた1990年頃、2つの2人乗りスポーツカーが発売された。ホンダの「NSX」とマツダの「RX-7」である。

 スポーツカーにとって一番大切なのは重さだ。エンジンの馬力を250馬力とすると、1馬力当たりの重さを5キロに収めたい。つまり1250キロの車両重量にまとめなければならない。このために「NSX」は車体を鋼ではなくアルミで作って軽くすることを“決断”した。「RX-7」の場合もアルミの部材は使うが、車体そのものは鋼だ。しかし、エンジンにロータリーエンジンという軽量コンパクトなものを採用した。

 次の決断は、エンジンの位置である。スポーツカーは前後のタイヤに加わる重さを均等にするのが理想なので、エンジン位置を決めることが大切だ。「NSX」は座席の後ろ、つまりミッドシップ(midship)に置いた。なぜか船の用語が車にも使われる。「RX-7」は、エンジンが軽いので前にエンジンを置いても重さの均等配分ができる。

設計するうえで妥協することは避けられない

 当時、私は重さ1000トンの高速船を設計していた。このサイズの高速船を実現するためには、船体を軽いアルミにしてエンジンを重いディーゼルにするか、船体を重い鋼にして、エンジンを軽いガスタービン(ジェットエンジン)にするか、いずれかにしなければならないという答えが出ていた。「NSX」と「RX-7」の例と同じなのだ。船は浮力で支えられているので荷重を均等にしなければならないのは基本条件であって、決断の対象ではない。

 優先順位は目標や対象が違うと全く異なる。コンパクトカーなら軽量化よりもコストと燃費にファーストプライオリティーがあるだろう。大型タンカーなら経済性にファーストプライオリティーがある。何トンの油を何ノットのスピードで輸送することを何馬力のエンジンで実現できるかということだ。
 
 優先順位が同じレベルの項目がお互いに相克してしまうことも多い。例えば安定性と速さとか、安全と価格とかである。こういう時は何らかの妥協(コンプロマイズ)が必要である。優れた設計を行うためには、なるべく妥協しないことが大切なのだが、全くコンプロマイズなしで設計が終わることはない。

コメント4

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長