• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界的サウンドエンジニアの技

音づくりの最前線、Goh Hotoda氏の現場(1)

2008年4月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 以前このコラムでは、道具から出る騒音を心地良い音に仕立てる「快音設計」に取り組む“音職人”、中央大学理工学部の戸井武司教授の研究について紹介しました(「“快音設計”という売りモノ」)。

そのエンジン音自体に価値があるとされるハーレーダビッドソン。写真は、米カリフォルニア州グレンデールで催された、約2万人による「Harley Davidson Love Ride」に参加したハーレーダビッドソンのライダーの1人。(c)AFP/Robyn BECK

そのエンジン音自体に価値があるとされるハーレーダビッドソン。写真は、米カリフォルニア州グレンデールで催された、約2万人による「Harley Davidson Love Ride」に参加したハーレーダビッドソンのライダーの1人。(c)AFP/Robyn BECK

 その中で、名車フェラーリやハーレーダビッドソンなどがブランディングにサウンドデザインを重視し、設計段階から排気音の「調律」にこだわっていること、あるいはトヨタ自動車のレクサスなどが完全静粛を突き詰める段階を卒業して、風切り音やタイヤ音などはカットしつつもエンジン音の一部は車内に恣意的に残すように伝えるという一段上の段階に入っていることも紹介致しました。自動車の運転音を騒音ではなくドライビングサウンドとしてとらえる考え方です。高度な防振防音技術を持ち合わせたうえで、寸止め的に残すべきところはあえて残すというのは上級者にのみ許される贅沢な設計思想です。

バーチャルリアリティーではなく“リアルバーチャリティー”

 電装化技術が大きく進歩した今、その先には、合成したエンジン音を聴かせる世界、すなわち効果音の世界が到来する可能性が広がっています。一度静粛にしたうえで合成音を付加するわけです。我が家のコンパクトカーが車内ではフェラーリ12気筒300馬力の咆哮に変身する、その先にはF1サーキットの900馬力のエンジンや、1500馬力のM1エイブラムス戦車のガスタービンエンジン音だって可能です。そして究極は宇宙戦艦ヤマトの波動エンジンの音だってアリ。バーチャルリアリティーに対して、“リアルバーチャリティー”とでも申しましょうか。現実を彩る劇場化機能は今後各方面に開拓されていくことでしょう。

 気分次第でそれらの合成音を切り換えることだって簡単です。車内オーディオの選曲に合わせ、カントリーウエスタン音楽が流れていれば、自動車側が気を利かしてハーレー風な音に調律することもさして難しい話ではないでしょう。

 このような話は冗談のようですが、程度問題こそあれ、自動車メーカーは真剣に考えていると戸井教授も言っていました。もちろん安全性の問題を十分にクリアすることが大前提ですが。

 戸井教授にとって、あらゆる騒音発生源は楽器となり得る可能性を秘めています。エアコンだって、掃除機だって、完全静粛の無音がゴールなのではなく、仕事をしているという存在感を担保しつつも、爽快な感じのBGMになることがゴールなのである、と。楽器という意味では、テニスラケットやゴルフクラブは、もはや楽器の範疇でしょう。高級品ならイメージ通りに高級な快音が響かないと、ユーザーは納得しないのです。

コメント5件コメント/レビュー

こんなすごい日本人アーティストがいたのですね。知りませんでした。アーティストなのにエンジニアという面白い仕事ですね。エンジニア界の感性工学者とアート界のエンジニアという比較はとても面白い視点だったと思います。科学がこれだけ発達してくると、両者の境界領域が今後開拓されるところになるのでしょう。面白い分析ありがとうございました。(2008/04/09)

「川口盛之助の「ニッポン的ものづくりの起源」」のバックナンバー

一覧

「世界的サウンドエンジニアの技」の著者

川口 盛之助

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)

盛之助 代表取締役社長

戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにてアソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こんなすごい日本人アーティストがいたのですね。知りませんでした。アーティストなのにエンジニアという面白い仕事ですね。エンジニア界の感性工学者とアート界のエンジニアという比較はとても面白い視点だったと思います。科学がこれだけ発達してくると、両者の境界領域が今後開拓されるところになるのでしょう。面白い分析ありがとうございました。(2008/04/09)

確かに日本人はエンジニアでもアーティストでも、真面目に取り組む気質があると思います。川口さんが指摘しているように、隠し味のような味覚の世界や、調香の世界では当たり前のように用いている「引き締めるためのスパイス」のような発想は商品設計全般的に利用できるユニバーサルな考え方でしょう。このアナロジーを自分の仕事に翻訳するとなんだろうかと考えてみたいと思いました。 (2008/04/09)

音響を専門としない家電エンジニアです。以前製品に搭載するスピーカの調達で中国メーカのエンジニアと打ち合わせた際、サンプルの音があまり好ましくないと相談しました。彼はフラットな特性表を見せ「これだけフラットな特性を出す事は非常に困難で、我社の技術は高く、サンプルスピーカの音が悪いはずが無い」と言いました。しかしそれを聞く人間の耳はフラット(人工的)な訳でもなく、(工業製品ではない)人間の耳には高い技術で作られたスピーカが必ずしも良いとは言えない物でした。人の感性に訴える部分では必ずしも工学的に正しい解が正解とは言えないと感じると共に、そのようなアナログ的な部分を飛び越えてきた中国の技術者の限界も感じました。今回の記事を見ると、その分野では日本の技術者よりも欧米の技術者の方が一段上に居るように思えました。精進精進!(2008/04/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長