• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今年の黄砂は飛来頻度アップ?

アレルギー症状悪化の懸念も

  • 山根小雪

バックナンバー

2008年4月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2002年3月20日の大黄砂時の天安門前。北京市民は黄砂が飛来するとマスクをして歩く

2002年3月20日の大黄砂時の天安門前。北京市民は黄砂が飛来するとマスクをして歩く

 ゴビ砂漠から飛来する黄砂の被害が年々深刻になっている。元々は自然現象だが、中国やモンゴルの過放牧や工業化に加え、温暖化による水不足で飛来量が増えている。花粉症の悪化など健康被害の懸念もある。

 今年も黄砂の季節がやって来た。3月2日夜から3日にかけて、東北から沖縄までの広い範囲で今年初の黄砂が観測された。“黄砂シーズン”は5月末までだが、昨年より1カ月早く飛来したため、頻度は昨年よりも多くなりそうだ。

 黄砂は、中国大陸のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などで巻き上がった砂塵(さじん)が、2.3キロメートル上空付近を流れる季節風で運ばれる現象を指す。巻き上げる風が強いと、5.7キロ上空の偏西風に乗って、より遠い地域まで移動する。タクラマカン砂漠の周囲には3000メートル級の山があるため、日本や中国に被害を及ぼすのはゴビ砂漠由来の黄砂がほとんどだ。

 黄砂は大昔からある自然現象だが、2000年以降、飛来量が急増している。黄砂研究の第一人者である、国立環境研究所・環境分析化学研究室の西川雅高室長は、「砂漠の周辺地域の過放牧や工業化で土壌の乾燥エリアが拡大しているのが原因」と分析する。土の露出面積が広がるほど、巻き上がる砂塵の量が増える。また、温暖化の影響で氷河から黄河に流れ込む水が減っていることも、乾燥化に拍車をかけているようだ。

韓国では1兆円の被害

 黄砂の飛来による被害の大きさは、発生地からの距離に比例する。観測史上最大だった2002年の大黄砂の場合、発生地に近い中国で死者が出た。韓国では学級閉鎖になり、日本では航空便が運休した。「精密機械工場の操業にも影響を及ぼすため、韓国では黄砂被害を年間1兆円と見積もっている」(西川室長)

コメント1

「環境トレンドリポート」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO