• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

感動はイノベーションのための大きな力

スポーツ界だけでなく企業からも感動を発信せよ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年5月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 異分野の人と交流するのは楽しいし、ためになることも多い。根津にある研究室ご用達の舶来居酒屋「天井桟敷の人々」の飲み友達には2人のプロカメラマンがいる。KさんとSさんである。

 昨年秋、このコラムのため、厚木にある日産自動車のテクニカルセンターでNISSAN GT-R開発者のインタビューを始めた時、Kさんがインタビューの部屋に入ってきたので驚いた。仕事で鉢合わせする奇遇だった。

 別の日、作品と感動の話をSさんとした。「風景であれ人であれ、被写体との感動関係がなければ、いい写真は撮れません。感動がモチベーションになり、作品が感動を表現していると成功ですね」。その居酒屋の店員はすべて東京芸術大学の学生なので、こんな共感の議論が盛り上がった。

 私も少し水彩画を描くが、時間ができたから描いてみようという態度では、いい絵は描けないようだ。素晴らしい風景に感動して描きたくなった時にいい絵ができるという。

 「感動が創造するのだ。そして創造は感動を広げる」

 これは、芸術の世界だけに当てはまることではないようだ。どんな仕事にも感動がある。生活のためだけでなく、企業の利益のためだけでもなく、少しでいいから感動のために仕事をしたいものだ。

 研究者は発見や創造による感動のために仕事をしているとも言える。大変恵まれた職業なのだ。しかし、本当の感動を味わうのは易しいことではない。二番煎じのような研究では感動は小さいから、もっと創造的な目標を定めて挑戦したくなる。

 それを実現して大きな感動を得るためには、たくさん苦労し、さらに幸運の女神を味方にしなければならない。感動を獲得するのは容易なことではないのだ。

 すべての仕事は、1%の感動のために99%の苦労を重ねること。それでも、なるべく多くの人が感動を経験することを人生の目標の1つにしたいものだ。

 私たちがアメリカズカップのプロジェクトの仕事をしていた時、その原動力は、「世界一になって感動を味わいたい」という気持ちだったかもしれない。この感動を本物にするためのプロセスでは、新しい実験法、新しい設計法、新しい作画法を創造し、それらを駆使して最終的に新しいレーシングヨットが創造されたのだ。

コメント5

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員