• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ヤフーの“焦土作戦”をマイクロソフトは予測していたか?

2008年5月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 “焦土作戦”とはいささか極端だが、これはインターネットビジネスをウオッチする有力ブログ、米TechCrunchが米ヤフーを評した表現である。
 
 米マイクロソフトの買収提案に対抗して、ヤフーが米グーグルと広告事業で実験的に協業すると発表した際、TechCrunch責任者のマイケル・アーリントン氏はヤフーの行為を「自分の鼻をナイフで切ると称すべきか、焦土作戦と呼ぶべきか」と評した(「ヤフーは焦土作戦に向かう気か」参照)。それでもヤフーの作戦は一応功を奏し、マイクロソフトは5月3日、ヤフー買収を断念すると発表した。

 買収断念後のヤフーの株価推移やヤフー株主の反応によって、マイクロソフトがもう一度ヤフーの買収に乗り出す可能性が残っている。ヤフーのジェリー・ヤンCEO(最高経営責任者)自身が5月6日、英フィナンシャル・タイムズに対し、「マイクロソフトとの交渉再開を拒否するつもりはない」と述べている(「ヤフーCEO、マイクロソフトとの買収交渉再開に意欲」)。

 本稿においては、これからどうなるかを探るのではなく、企業買収のケーススタディーとして本件をとらえ、5月3日の断念理由から学べる点を抽出してみたい。情報源は、マイクロソフトやヤフーの発表資料、米国のブログやニュースサイトである。

 両社は買収価格を巡って折り合いをつけられなかったが、マイクロソフトが委任状争奪など敵対的手段に訴えなかった最大の理由はヤフーの“焦土作戦”にあった。マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOは買収断念に際し、ヤフーのジェリー・ヤンCEOに書簡を送り、その中で「あなた(ヤン氏)と話し合ったことから考え、このまま当社が買収に突き進んだ場合、あなたがヤフーを望ましくない状態にするという結論に達した」と述べた。望ましくない状態とは、ヤフーが広告事業のライバルであるグーグルと提携してしまうことを指す。

 バルマーCEOは書簡の中で、「広告主に対し、ヤフーの検索広告システムではなく、グーグルのそれを使うように仕向けることは、ヤフーの存続可能性を根本的に脅かす」と述べ、ヤフーの広告ビジネスにとってマイナスだと指摘した。さらにグーグルの広告システムを使うことにより、「広告システムを開発しているヤフーの優秀なエンジニアが離散しかねない。これでは両社の連携の重要な目的が達成できない」と懸念を表明した。

コメント2

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「ヤフーの“焦土作戦”をマイクロソフトは予測していたか?」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。

大村 禎史 西松屋チェーン社長