• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

急成長市場ロシアで手を焼く日本メーカー

トヨタの販売台数は、英国やイタリアを抜き欧州1位になったものの…

  • 池原 照雄

バックナンバー

2008年5月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント3件コメント/レビュー

他国の同業種の向上と比べても出遅れているのでしょうか?同じ程度ならいいというのは言い過ぎにしても、垂直立ち上げはいつもうまく行くものではありませんから焦っても仕方がないことでしょう。日本からの輸出で補うというなら本土住まいの我々にとって都合が良いことです。グローバル企業の利益は必ずしも本社がある国の利益になりませんので。(2008/05/13)

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

他国の同業種の向上と比べても出遅れているのでしょうか?同じ程度ならいいというのは言い過ぎにしても、垂直立ち上げはいつもうまく行くものではありませんから焦っても仕方がないことでしょう。日本からの輸出で補うというなら本土住まいの我々にとって都合が良いことです。グローバル企業の利益は必ずしも本社がある国の利益になりませんので。(2008/05/13)

工場を建設するには金(資本)と技術・市場があればよいと言うものではない。工場を存立させるようなインフラも必要なのだ。当然、インフラを考慮に入れて建設を決めただろうが、そのような工場で働きたいという労働者も確保できるのか、エネルギ-の供給はどうかと問題は多い。問題は工場の格好が出来た後、如何に設計した工場の生産能力を発揮させられるかであり、そのような立ち上がりの期間を短くできるか、その期間を耐えられるかであろう。兎に角、成功を願って止まない。マスヤジ`08.5(2008/05/13)

筆者が指摘している通りもう数年も前からBRICsの台頭は散々言われたことで経済界ではとっくにお見通しであった筈だ。何故対応が遅れた?小泉ー安倍と続いた自民党及び国民世論は「アメリカ=グローバル」路線一直線であったことは記憶に新しいところだ。 BRICsの中でもロシアへの対応の遅れは致命的だ。冷戦の崩壊、ソ連の崩壊と言う大衝撃の中で日本の政治が将来展望を著しく欠いたと言う事であろう。単眼思考から複眼思考へと言われても周囲を見ながらそろそろ進むという日本的国民性はなかなか変わりません。「貿易立国」と言われて久しいがアメリカの変調を見て初めて慌ててももう遅い。この10年の遅れを取り戻すのに何年かかるか?BRICsはその内アフリカが入ってBRICAsにもなって行くのだろう。                一寸五分(2008/05/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長