• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

勝つテニスと経営、の共通点

ダイナミックな変化を予測し、中立姿勢を保つ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年5月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 テニススクールに通い始めて16年になる。昨年は15年継続したので表彰された。うれしいというより照れくさかった。15年も練習しているのに、あまりうまくなっていないからだ。私の通っているスクールでは1から6までの6段階にレベルを分けて教えているのだが、このところずっと第4段階、つまり中の上のままだ。多少は向上しているのだが、遅々とした速度なのでこのレベルで終わってしまいそうだ。

 ここ数年間、同じコーチについている。元プロの中年コーチだ。最近はゲームの組み立てを中心に習っている。ある日言われた。

 「相手がどう打つか予測し、流れを作って、自分が主導権を取るようにしましょう。皆さんは予測しないで、返ってくるボールにただ反応しているだけですね。まあこれがプロとアマの違いですけどね」

 普段は仕事のことを綺麗さっぱり忘れるためにテニスをしているのだが、この時は、テニスと経営のアナロジーを考えてしまった。
 
 テニスでは相手にボールを返した時、相手の打つボールを予測して、最適のポジションを取りながら、体を中立の状態にしておくのがいい。予測通りのボールがくれば、しめたものだ。イメージ通りの対応をして、相手を攻撃したり、安全に守ったりする。もし予測が外れても、別の対応ができるよう中立の姿勢を保っているから大きなミスはしない。相手の性格やクセが分かると、もっと予測精度が上がってくる。こうして勝負強くなっていく。

「予測をする経営」と「予測しない経営」の大きな差

 経営では、新商品を投入したり、新戦略を実行する連続の中で勝ち残っていかねばならない。競争相手のないビジネスはあり得ないし、顧客は一番重要な経営の対象だ。こんな商品を投入したら、顧客はどのような反応をするのだろうか、競合他社はどのように反応してくるのか、まずは予測することが大切だ。

 全く予測と異なった反応が出てくることもあるだろう。

 しかし、予測通りの反応が出てきた場合は、想定通りの有利なポジションに立てる。予測が外れた場合は、中立姿勢を保って新しい対応に向かうことになる。

コメント6

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO