• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたの会社のサイトは、顧客離れを招いていないか

テレビCMからサイト閲覧への流れ

  • 小林 慎和

バックナンバー

2008年5月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近テレビを見ているとよく目にするCMがある。最後の1秒に、「続きはWebで」という言葉と共に、そのCMが紹介する製品に最短でたどり着くための検索キーワードを表示するものである。

 この手法はライフカードが先陣を切ったものであるが、今ではあらゆる製品・サービスのCMにおいて、活用されている。これらのCMが、消費者に対して実際に効果をあげているのかどうか。それを調査したものが図1である。

 世代別に見ると、20代から30代における浸透率は非常に高い。6割から7割の消費者が、テレビCMにおける「続きはWebで」という謳い文句に対して、過去に1度は反応している模様である。

 テレビCMは、通常15秒か30秒という指定された時間の中で、商品・サービスの特徴を伝え、消費者に対して刷り込みを行い、認知度の向上を目指すものである。簡潔に表現すれば、PUSH型(一方的な情報提供型)のコンテンツといえる。

 それに対して、Webサイトは、15秒などという限られた時間的な制約はなく、消費者が必要な情報を納得するだけ閲覧することができる。情報収集の際に、各サイトに費やす時間は、消費者によってさまざまである。Webサイトにおける情報は、PULL型(消費者側が必要な情報を引き出す情報獲得型)といえる。

●図1 テレビCMで表示・掲載される検索キーワードやURLへのアクセス経験(過去1年間)出所:野村総合研究所(N=2000)

●図1 テレビCMで表示・掲載される検索キーワードやURLへのアクセス経験(過去1年間)出所:野村総合研究所(N=2000)

 インターネットが爆発的に普及し始めた2000年前後、インターネット対テレビCM論争が盛んに行われた。大方の見方として、インターネットのメディアパワーがテレビを凌駕するというものが、当時の見解であった。

 しかし、現在は、先ほどのテレビCMとWebサイトの連携などからも見えるように、それぞれの特徴を活かしながら、棲み分けが進んでいるように思われる。テレビは、瞬間的なインプレッションを植えつけるもの、良いイメージさえ植えつけることができれば良い、そういうある種割り切ったCMが数多く見られる。

「どう読む!産業パラダイムシフト」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授