• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

プロダクトから世界遺産まで──ノルウェーで見たリベラリズムの系譜

  • 若井 浩子

バックナンバー

2008年5月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月下旬、ノルウェーに出掛けた。

 行程は、ベルゲンを皮切りにノルウェー海を北上してオーレスンへ、そして世界遺産のガイランゲルフィヨルド、ブリスクダール氷河、ネーロイフィヨルドを経て南下。観光路線で有名なフロム鉄道でミュールダールに行き、ハダンゲルフィヨルドを経て、ロフトフースから東南に向かい最終地の首都オスロへ……、という総移動距離約1000キロの旅程。

 移動のバスや船、鉄道の窓から、緑の山を縫って流れる小川のそばに、木立に隠れるように切妻屋根の小屋が建っているのが見える。小規模水力発電所だ。小屋の周辺をよく見ると、景観に配慮した木製の電柱がひっそりと並び、これまた目立たぬように配慮された電線が緑の中に潜んで山の麓に向かっている。

 ノルウェーでは、2002年に小水力発電促進プログラム(*1)が導入されて以来事業者が増え、その成果あって国内の消費電力のほぼ100%を水力発電で賄えている。まさに自然に則した、無理せず無駄ない発電、と言うか発想。

オスロの新名所のオペラハウス。巨大新建築だが、空や海を映す様子にノルウェーらしい感性が。浜辺からスロープを歩いて屋上まで登ることができ、晴天だと日光浴する人々で賑わう。カーテンウォールのソーラーパネルは年間2万キロワットの電力を生み出す。(撮影:若井浩子、以下も)

オスロの新名所のオペラハウス。巨大新建築だが、空や海を映す様子にノルウェーらしい感性が。浜辺からスロープを歩いて屋上まで登ることができ、晴天だと日光浴する人々で賑わう。カーテンウォールのソーラーパネルは年間2万キロワットの電力を生み出す。(撮影:若井浩子、以下も)

 最初のうちは珍しく眺めた小規模発電所だが、連日の風光明媚な土地から土地への移動の間、何度となくそうした発電所を目にした。燦々と降り注ぐ太陽、陽光を映す海原、雪、氷河、川面、湖、森、小さな集落、小川が慣れていて、小さな滝……、あ、あそこにも! という具合だ。

 そんな旅路の果てに到着したオスロもまた、自然と人の営み、古いものと新しいものが調和した北欧の都市らしい表情で私たちを迎えてくれた。

 例えばこの4月にオープンしたオペラハウス(*2)は、その現在的な外観にもかかわらず、不思議とそれまで巡ってきた世界遺産の景観同様にノルウェーらしさを湛えているように思えるのだった。

(*1)2002年、水資源エネルギー管理庁(NVE)によって導入された小水力発電の促進プログラムは4年間で約4.5億円を投入して技術革新のための研究開発、許認可手続きの簡素化、新規事業社への免税措置などを進めた。これによって200以上の申請を受理しており、推計すると現在ノルウェーには350~400の発電所があり、その多くが小規模水力発電所。水力発電所の規模は、大水力(常時出力10万キロワット以上)、中水力(1~10万キロワット)、小水力(100~1000キロワット)、マイクロ水力(100キロワット以下)に分けられる。

(*2)4月12日にオープンしたオペラハウスは、オスロフィヨルドに面したビョルヴィーガ地区に計画されたノルウェー最大規模の文化施設。地上階の床面積は3万8000平方メートル(サッカー場約4面分)。館内は大きく3つのセクションに分けられ、大小1100の部屋がある。エジプトのアレクサンドリア図書館のデザインで知られるスノーヘッタの設計。

ユネスコとノルウェーの歩調

「記憶は創造性の本質的な原動力である。なぜなら、個人も民族と同様に自分たちの有形無形の自然遺産や文化遺産から、アイデンティティーの指標を見出し、インスピレーションの源を汲み取っているからである」(*3)。

 この文章には、ユネスコが1972年に世界遺産条約を採択して以来、掲げ続けてきた遺産保全の意義が凝縮されている。

 ノルウェーは北欧諸国の中では最初に、1977年に世界遺産条約に加盟締約している(*4)。そして加盟国の中でも最も積極的に活動に関わってきている国の1つでもある。

(*3)ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)『1996~2001年、中期的戦略』123節より。(パリ 1996年)。

(*4)北欧ではデンマークが79年、スウェーデンが85年、フィンランドが87年。ちなみに、フランスの締約は1975年、世界最多級の世界遺産を持つイタリア(41カ所)は1978年、スペイン(40カ所)は1982年。日本の締約は1992年。

 例えば、1994年以来、ユネスコの世界遺産に関する知識を世界中の中学校教育に組み込むプロジェクトも「NORAD」(ノルウェー外務省下の開発機構)が牽引している。また、1996年にはノルウェーの提唱で「世界遺産北欧事務局」が設立され、北欧五カ国の活動強化、連携を促進させてもいる。

コメント2

「輝く北欧~デザインで読み解く豊かさの秘密」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック