• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「見える化」はもっと経営に利用できる

すべてが見えることが、科学的論理的な経営の基本

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年6月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 見ることは簡単だが、見て理解することは意外と難しいことのようだ。

 工学部に進学してきた3年生に飛行機の翼の断面形つまり翼型を書かせると、大甘に採点しても合格点を付けられるのは30%くらいだ。飛行機に乗ったことのない学生はほとんどいない。翼近くの席に座って外を見たことがあるかもしれないし、搭乗ゲートの近くから駐機している飛行機を見ることもあったはずだ。しかし、70%の学生は見ても憶えていないし、理解していない。

 正確に観察して正確に理解することはやさしそうで実は難しいことなのだ。だから設計の教育では対象物をスケッチしたり図面化する訓練が大切だ。

 このことは経営についても言えるだろう。よほど小さな企業でなければ、企業経営のすべてを見ることは難しい。だから見えていない状態のまま経営している例も少なくないようだ。経営のすべてを見える化し、理解することが、全体最適を目指した科学的論理的な経営の基本になるので、このままではいけない。

いかにして社長室で科学的論理的な経営をするか

 ピーター・ドラッカーさんの言うように、現状のIT(情報技術)はようやく上下水道が整備された程度のレベルで、これからもっと大きく発展していくだろうと思う。上下水道のレベルから上げるための第一歩は、情報を統合して見える化することだと思う。これは簡単そうで、実は奥が深そうだ。

 製造業なら、生産のデータと販売のデータをそれぞれデータベース化し、独立した形で見える化しても、経営に役立つことは多くない。生産と販売、さらに在庫や輸送も含めてすべてのデータをまとめてから、いろいろな見える化の工夫をすると経営支援ツールができる。「去り行く学生に感じた才気」(4月4日掲載)で書いた国際企業システムの研究は、これがテーマだった。

 スーパーでは惣菜の生産と販売が同時に同じ店内で行われている。もしPOS(販売時点情報管理)レジで集めた販売情報が製造(調理)と陳列の現場にフィードバックされて、販売予測しながら製造されるシステムができれば、夜7時からの値引き販売や廃棄を最小限にできるだろう。生産現場で販売結果と販売予測を見える化すればよいのだ。

 生産から販売までのデータを統合し、見える化することによって経営が改善されるのは、世界を舞台とする製造業からスーパーまで共通することだ。時差の問題は残るが、国際間もスーパーの店内も、情報伝達スピードは同じだ。

コメント2件コメント/レビュー

「見える化」という言葉遣いに違和感を覚えるが,現状を標準的な基準に従って迅速かつ正確に把握することは成果予測から(想定誤差範囲内の)実績を挙げるためには当然のことだろう.宮田教授のご指摘は,日本の官営・準官営の企業体は,そういう習慣がないらしいということのようで,唖然とせざるを得ないが,また,妙に納得も行く.なお,教授の想像される「社長室」の姿は,収集すべきデータや集計・報告・工作の過程やフィードバックの仕方などを考えると,ディスプレイ云々以前に厖大な観測作業や理論化があって初めて可能なので,そういう姿勢で事象の変化に対処する習慣が先行すべきであろう.装置ばかり導入しても利用法が適切でなければ,翼の断面図と同様のことになってしまうだろう.(2008/06/07)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「見える化」という言葉遣いに違和感を覚えるが,現状を標準的な基準に従って迅速かつ正確に把握することは成果予測から(想定誤差範囲内の)実績を挙げるためには当然のことだろう.宮田教授のご指摘は,日本の官営・準官営の企業体は,そういう習慣がないらしいということのようで,唖然とせざるを得ないが,また,妙に納得も行く.なお,教授の想像される「社長室」の姿は,収集すべきデータや集計・報告・工作の過程やフィードバックの仕方などを考えると,ディスプレイ云々以前に厖大な観測作業や理論化があって初めて可能なので,そういう姿勢で事象の変化に対処する習慣が先行すべきであろう.装置ばかり導入しても利用法が適切でなければ,翼の断面図と同様のことになってしまうだろう.(2008/06/07)

見える化されて困る人がいる。それは意思決定を行う立場の人物であることが多い。種々の事をデータベース化して社会の役に立てることは正論だが、実現性は低い。では、外部の営利目的の企業体が、交通量や通関のデータベースを作ったとしたらどうだろう。まず、日本人の気質として、管轄公的機関以外の情報を疑ってかかる面があるのでデータの信憑性を問われることになる。公的機関ならば性善説で、外部機関なら性悪説、特にデータベースを売るという営利目的ならば、なおさら性悪説の目にさらされることになる。米国ならいざ知らず、商売として成り立たない可能性がある。(がり)(2008/06/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長