• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

創業者とCEOは電子メールを使わない

革新的掃除機を生む英ダイソンの“二人三脚経営”

2008年7月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 主力製品と中核技術を開発したエンジニアにして、非公開企業のオーナーであり、会社の顔である創業者から雇われたCEO(最高経営責任者)は、一体どのような経営をすべきであろうか?

ダイソンのマーティン・マコートCEO

ダイソンのマーティン・マコートCEO(写真:菅野 勝男、以下同)

 遠心分離(サイクロン)技術を使った掃除機で知られる英国のメーカー、ダイソンのマーティン・マコートCEOが取った方法は、創業者かつオーナーのジェームズ・ダイソン氏と二人三脚をするかのように経営することであった。二人三脚とは、「いつも隣にいる」という意味である。実際、マコートCEOはダイソン氏と緊密なコミュニケーションを取り続け、経営のあらゆるテーマについて話し合っている。

 「我々2人は電子メールを使ってやり取りしない。電話ですらほとんど使わない。ジェームズはほとんどの時間をエンジニアリングチームの中で費やすから、私もそこに一緒に行って話し合い、物事を決める。我々が合意した時も、意見が合わず議論を続けた時も、その様子はすべてエンジニアチームから丸見えになっている。だから、我々がどうやってダイソンという会社を動かしているか、みんな分かっている。これはとても健全だと思う」とマコートCEOは言う。

創業者の聖域をつくらず

 ダイソン氏との役割分担は、どうなっているのか。マコートCEOの回答は明快である。「私の仕事は、英国の一メーカーとして出発したダイソンをワールドワイドに動かすこと。そのために必要なすべてを担当している。例えば社員を採用し、目標を設定し、志気を向上させること、我々のテクノロジーが持つ価値を正確に市場に伝えることなどだ」。

 マコートCEOが東芝の英国法人を経てダイソンに転じた1997年、ダイソンは英国で掃除機をヒットさせ急成長していたが、海外展開はまだまだという状況だった。現在ダイソン製品は世界46カ国で販売され、同社の年商の8割は英国以外のビジネスである。

 ビジネスオペレーションをマコートCEOが受け持つことで、「ジェームズは発明と新しいテクノロジーの創造、そして750人ものエンジニア、科学者・化学者たちの相談に乗る仕事に集中できる」。といっても、製品開発をダイソン氏に一任しているわけではない。マコートCEOはエンジニア出身ではないものの、テクノロジーや製品の研究・開発に関して「製品出荷の3年以上前、コンセプトの議論から関わっている」という。

 普段のダイソン氏は複数のチームに分かれているエンジニアの中に入り、相談に乗ったり、助言をする。冒頭紹介したように、マコートCEOはダイソン氏と二人三脚で動くので、エンジニアたちの話し合いにも参加できるわけだ。技術者出身の創業社長の場合、営業や財務は他の役員に任せるものの、製品開発を自分の聖域にしてしまうことがあるが、この会社の場合はそうではない。

コメント4件コメント/レビュー

いや、これぞジャーナリズムですね。ダイソンというメーカーの本質がよくわかる記事でした。日本の製造業が巨大官僚組織ばかりになって1世代以上がたちます。それで「品質はそれなりに高いがありきたり」の製品ばかり溢れることになる。どうしたら日本にもダイソンのような企業が生まれるのか? 日本人そのものにやる気がなくなってるんだと絶望的ですが、そういうことはないと信じたい。(2008/07/05)

「谷島宣之の「経営の情識」」のバックナンバー

一覧

「創業者とCEOは電子メールを使わない」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いや、これぞジャーナリズムですね。ダイソンというメーカーの本質がよくわかる記事でした。日本の製造業が巨大官僚組織ばかりになって1世代以上がたちます。それで「品質はそれなりに高いがありきたり」の製品ばかり溢れることになる。どうしたら日本にもダイソンのような企業が生まれるのか? 日本人そのものにやる気がなくなってるんだと絶望的ですが、そういうことはないと信じたい。(2008/07/05)

私にとって非常にヒントになる記事で、これだ!っという感じでした。私は、30歳代の技術者ですが自分が持っている技術をベースに創業しました。この技術をベースに商品化し、市場に展開中ですが、どうしても技術中心になり、ビジネスの方が、いまいちしっくり来ない状況でした。記事の中のボキャブラリで「ビジネスオペレーション」というキーワードが私の中に飛び込んできました。早速、私のエネルギーと対等に渡り合える情熱と冷静さをもった経営者を探します・・・でも、どこで探せばいいのでしょうかね???とりあえず、ありがとうございます。(2008/07/04)

『伽藍とバザール』を想起させる内容で、興味深く拝見しました。現代の多くの企業の持つ限界は、言わば「たかだか貨幣」でしかないモノに対して過大なる評価を与えているという点にあると、僕は思っています。人間を動かすのは何か? 人生の糧を得るために貨幣はないよりあった方がいいんですが、「人はパンのみにて生きるにあらず」。事業成功者の多くは、パンの中央部を自分のみが食べていることに熱中し、「人にパンの耳を食べさせている」ことで満足感を得ているだけだ、ということに気付いて欲しいもんです。(2008/07/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長