• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

教わることの限界

変化という試練を与え、実践できる環境で自分を鍛えよ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年7月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ヨット関係の仕事を始めた頃、大学の仲間と共同でヨットを買った。ヤマハ発動機の方の紹介で中古の安いクルーザーだ。茨城県の大洗マリーナを定係港として3年ぐらい保有した。船舶海洋工学科の教員と学生たちのレジャーの場でもあった。船舶海洋工学科の学生だから海に親しんでほしかった。私は最大の出資者だったが、ヤマハY23というそのクルーザーに乗ったのは2回だけだった。ヨットの仕事の方が忙しくて遊びに行けなくなった。

 1995年からアメリカズカップ艇の開発を行っていた時、放課後の夜だったが開発に携わっていた学生たちとゴルフの打ちっぱなしに行った。「余裕を持って楽しめなければ、こんな大きな仕事で成果は望めない。みんな余裕を作って遊びもやろう。そしてオークランドでは、長丁場だから、レースのない休日はゴルフを楽しもう。10ドル20ドルでコースに出られるのだから」と話し合った。しかしそれは、カラ元気のようなものだった。打ちっぱなしに2~3回行って、後が続かなかった。

 しばらくすると、技術開発の内容が増えて密度も高くなり、遊びに行く暇はなくなった。それどころか技術チームの中には、長い間彼女と会えなくて破局を迎えそうになり、私にこう泣きついてくるスタッフまで現れるありさまだった。「きついです。最近モチベーションがありません」。

 レースが始まってからは、長丁場のレースなので、レースの間にオフの日も多いのだが、ニュージーランドでゴルフなどの遊びをすることを考える余裕は全くなかった。1999年の9月から翌年の1月までにオークランドで私が訪れたのは、レース海面とベースキャンプとホテルとレストランだけだった。時間の余裕も気持ちの余裕も全くなかった。むしろゴルフや釣りや温泉を楽しんでいたのはクルーたちだった。

 こうして私は趣味の中からヨットとゴルフを失ってしまった。

絵には自信があったが、中学の教師の評価は散々だった

 絵を描くのは好きだった。だから定年になったら始めようと思っていた。ところが2000年の秋、アメリカズカップのプロジェクトが終わり、継続するためにスポンサーを探す一種の営業活動も不発に終わって、完全にヨットの仕事がなくなった頃、水彩画を始めた。退職してからと思っていたのだが、随分早まった。

 それまで大学の仕事とプロジェクトの両方を並行して行っていたので、時間の密度は半端ではなかった。だから終わった後では時間のスキ間ができたのだ。でも時間のかからなくて準備と後始末の簡単な水彩画にした。そうして水彩画を描くことが趣味になった。

コメント2

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長