• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イカ釣り船に無駄使い、空からお見通しです

  • 浜田 基彦

バックナンバー

2008年7月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント60件コメント/レビュー

 私は、まず、自分が記事に対して客観的に判断できるように「全国一斉休漁」になった理由を考えてみました。*燃料がここ数年で、4倍なった*原料が高騰しても、価格に転嫁出来ない この二つは、新聞やテレビのニュース番組で知りましたので皆さんご存知のことと思います。 この二つを踏まえて私なりに考えてみたのですが 漁船は、移動してるときや漁の最中(船の向きを常にコントロールするので)もエンジンをつけているので、経費の中で一番掛かる経費であろうとおもいます。(これは漁師さんの出てくる、テレビ番組を見てそう思いました)運送業のように、燃料が上がることは、利益の減少に直結している。 そして価格に転嫁できないので、利益をだしつづけていくには、経費を、削る努力をしていかなければならない。つまり、ここ数年間は、食べていくために、日々経費を削るために努力をしてきている。 ただ、物の値段は、何年も上がってきていなかったので、どの業界でも同じように努力されていたのだと思います。しかし、ここにきて、色々な物が値上がりしはじめました、これからも、上がっていくのではないかと思います。 そろそろ、どの業界も、原油や穀物の値上がりを商品に転嫁しないようにするのが、難しくなってきているのがわかります。 漁業関係者のかたは、その中で声を上げたのです。もちろん、まだやれることがあるのかもしれませんので、よりいっそうの努力をしていただく必要は、あるとおもいます。ただ、漁業は、他の業界と違う構造であるということも事実ですので、努力せずにいきなり声を上げたのではないというのも分かります。 私は、批判をする前に、自分の分かる範囲内で状況を分析して、客観的に理解をしていくことで、みんなで、もっと建設的なコメントが出し合えるのではないかとおもいますし私を含め、みんなの理解が深まる良い場所になると思います。(2008/07/20)

「浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 私は、まず、自分が記事に対して客観的に判断できるように「全国一斉休漁」になった理由を考えてみました。*燃料がここ数年で、4倍なった*原料が高騰しても、価格に転嫁出来ない この二つは、新聞やテレビのニュース番組で知りましたので皆さんご存知のことと思います。 この二つを踏まえて私なりに考えてみたのですが 漁船は、移動してるときや漁の最中(船の向きを常にコントロールするので)もエンジンをつけているので、経費の中で一番掛かる経費であろうとおもいます。(これは漁師さんの出てくる、テレビ番組を見てそう思いました)運送業のように、燃料が上がることは、利益の減少に直結している。 そして価格に転嫁できないので、利益をだしつづけていくには、経費を、削る努力をしていかなければならない。つまり、ここ数年間は、食べていくために、日々経費を削るために努力をしてきている。 ただ、物の値段は、何年も上がってきていなかったので、どの業界でも同じように努力されていたのだと思います。しかし、ここにきて、色々な物が値上がりしはじめました、これからも、上がっていくのではないかと思います。 そろそろ、どの業界も、原油や穀物の値上がりを商品に転嫁しないようにするのが、難しくなってきているのがわかります。 漁業関係者のかたは、その中で声を上げたのです。もちろん、まだやれることがあるのかもしれませんので、よりいっそうの努力をしていただく必要は、あるとおもいます。ただ、漁業は、他の業界と違う構造であるということも事実ですので、努力せずにいきなり声を上げたのではないというのも分かります。 私は、批判をする前に、自分の分かる範囲内で状況を分析して、客観的に理解をしていくことで、みんなで、もっと建設的なコメントが出し合えるのではないかとおもいますし私を含め、みんなの理解が深まる良い場所になると思います。(2008/07/20)

自動車業界のカイゼン心を持ってしても、どうにも車体のダサさは変わりませんよね…というか意見を持ち寄りすぎて、似た車ばかりになってませんか?「車は無駄なもの」だって若者は気がついて車を買わなくなっていると私は思います。今までに無い改善が必要なのは車も同じでしょう。というかバブル前より儲けているのに税金はバブル前より納めてませんよね?国の莫大な補助を受けているのは自動車業界自身ではないでしょうか(2008/07/18)

同じ日経サイトだが以下の記述を想起した。>名著『人を動かす』でデール・カーネギーはこんなエピソードを紹介している。「刑務所に重罪で服役する犯罪者に話を聞くと10人中10人がいかに自分の犯した罪が“仕方のない”ことだったのかを論理的に説明できるのだという。犯罪者ですらそうなのだから、ビジネスの場での論理展開などどのようにでも作り上げることができる」http://premium.nikkeibp.co.jp/itm/col/suzuki/131/筆者も「傘をつけてそれでダメなら~」と言っているわけでは個々の技術のことではなく取組みのスタンスのことを言っている。トヨタも初めから今の巨大企業だったわけではなく、通産省もむしろトヨタには自動車市場から退出してほしいと思っていたので国にも頼れなかった。そこから筆者の書いたようなやり方で自力で這い上がってきた。関係者は筆者に漁業の実情をもっと調べろという前にまず自分達がどれほど生産性を向上させてそれでも追いつかなかったのかを国民に説明すべき。コメントを見て分かるようにみな不審に思っている。税金補填を要求するのはその後だ。(2008/07/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長