• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自衛隊の勧誘サイトに学ぶ、説得力のある動画コンテンツ

  • 須田 伸

バックナンバー

2008年7月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私の職場の後輩にN君という入社2年目の若者がいます。

毎週定例でアイデア出しをする、とあるプロジェクトを一緒にやっています。アイデアを出し合う会議の常で、雑談が重要なミーティングの構成要素です。雑談の中に、仕事に昇華するようなアイデアの種がたくさん転がっているからです。

 しかし、このN君、なかなか独特のセンスを持っていて、面白いと感じたことには実に愉快そうな表情をするのですが、逆にそうでないアイデアやエピソードに対しては、たとえそれを発言したのが誰であろうと「フン」と鼻で笑うようなわかりやすい反応をします。なのでN君の表情を、会議中のアイデアのリトマス試験紙として重宝しているのですが、そんな彼が「いやー、面白かったですよ」と、週末のエピソードを話してくれました。

 「何が面白かったの?」と聞くと「合コン」と答えるので、内心「なんだ、合コンか。俺も君の年齢の時は毎週やっとったよ」とガッカリしかけたのですが、よくよく聞いてみると、その合コンは週末に横須賀で開催されたというのです。青山でも、麻布でもなく、横須賀。「うん、それは面白いかもしれない」と思って、詳しく聞くと、合コンの相手は、自衛隊に勤務する女性たちだったというのです。

 商社、銀行、テレビ局、キャビンアテンダント、看護婦、いろんな職業の女性のみなさんと「かつては」合コンさせていただいた経験を持つ私ですが、自衛官というのは未体験です。「うん、それでどうだった?」と思わず前のめりになってしまいました。

 「いやー、やはり、自衛隊というと先入観があるじゃないですか。でも、実際に話してみると、フツーの女の子たちなんですよ。仕事のことを聞くと、すごく真剣なんですけど、プライベートは、ホント、フツーで、そのギャップが面白かったです」とのこと。「それで、盛り上がって、王様ゲームとかしたの?」と年代がバレる質問をすると「いや、それはしてないですけど、腕相撲しました」ということでした。合コンで女子と腕相撲とはますます面白い。

 ミーティングの後で、自衛隊のウェブサイトってどうなってるのかなと、検索してチェックしてみたところ、リクルーティング目的のスペシャルサイトがあり、それを見始めたらとまらなくなって、そこから約3時間かけて、そのウェブサイトのすべての動画コンテンツを見ました。合コンにはちょっと厳しい年齢ですが、このサイトを通じて、N君が体験したのと同じような「面白さ」を実感することができました。

素顔のロングインタビュー

 Webサイトのキーワードは、「平和を、仕事にする」です。そして、サイトの構成は極めてシンプルで、31人の様々な職種の自衛官をインタビューして、彼らが「仲間や職場はどんな雰囲気ですか?」「1年目って、どんな感じですか?」「給与や福利厚生はどんなものですか?」といった8つの質問に答える姿を、質問ごとにまとめて公開している、というもの。

 サイトにアクセスすると最初に表示される短いオープニング映像があり「言葉から、表情から、自衛官の仕事が見えてくるロングインタビュー」という副題が表示されます。その言葉に偽りなしで、整備士、看護師、気象観測員、調理師、航空管制官など、さまざまな職種の若い男女たちのリアルな姿が伝わってきます。

 なんといっても特徴的なのは、リクルーティングサイトに多く見られる、作為的な「演出」を徹底的に排除している点です。

 各自が、それぞれのペースで、自分の言葉で質問に答える映像には、バックグラウンドミュージックはまったくありません。個人を取り上げるテレビ番組ではおなじみの複雑なカメラワークや、表情のアップを短くインサートするような編集技巧も、使われていません。

気がついたら248本すべて見てしまいました

 それは、そうした技術のないアマチュアレベルのスタッフの仕事だからではなく、一流のプロが、「あえて」そうした持っている技術に封印をして、作成された動画であることが、きちんと伝わってきます。

 そうでなければ、1つの質問に数分程度の回答という短い映像とはいえ、合計で248タイプある映像クリップを、すべて見ようという気持ちにさせることは不可能です。なにしろ、かなり長いドキュメンタリー映画を1本見るのと変わらないくらいの時間がかかるわけですから。

 また、当然ながら、出演しているのは現場の自衛官たち31人であり、役者ではありませんから、それだけの長い時間、実際の自分とは違う「理想の職業人」を演じるのは不可能です。スムーズにしゃべれないシーンもあります。「はい、台風の中での航海では船酔いがキツイです」と喋るときの本当に思い出して苦しそうになっている姿。「入隊前に父親に反対されて2ヶ月間、まったく口をきいてもらえなかった」と語る女性自衛官。派手さはないのですが、「本当の話をしているな」ということが伝わってきます。

コメント6件コメント/レビュー

「淡々と事実を提示する」という文章を読み、某ライブドアの元社長が「ネットはその気になれば記者会見すべての動画を置いておくことができる」と言っていたのを思い出しました。その発言に対しTVでは、評論家が「その長い映像の中から必要な個所を切り取って伝えるのがジャーナリズムだ」と反論していました。そのどちらも価値のある発言だと思います。ただ、ジャーナリズムが脆くなっている印象の強い昨今、前者の発言が意図するところ(淡々と事実を提示する在り方)が大きな意味を持ってくるかもしれないと感じました。良い視点をありがとうございました。(2008/09/30)

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「淡々と事実を提示する」という文章を読み、某ライブドアの元社長が「ネットはその気になれば記者会見すべての動画を置いておくことができる」と言っていたのを思い出しました。その発言に対しTVでは、評論家が「その長い映像の中から必要な個所を切り取って伝えるのがジャーナリズムだ」と反論していました。そのどちらも価値のある発言だと思います。ただ、ジャーナリズムが脆くなっている印象の強い昨今、前者の発言が意図するところ(淡々と事実を提示する在り方)が大きな意味を持ってくるかもしれないと感じました。良い視点をありがとうございました。(2008/09/30)

本文とは直接関係は無いのだが、私は、“貧困ビジネスの場としてのアメリカの戦争=テロとの戦い” を想起しながら読みましたが、、、 最終章での筆者の見解に 少し 安堵したのを覚えます。 筆者の様な立場、業界の人々が、この様な問題意識を保持していてくれることに対して、、、。(2008/07/28)

似たような経験を小笠原諸島で先日しました。父島の返還40周年式典で、海上自衛隊艦「えんしゅう」の一般公開があったのですが、驚いたのはわずか980トンの小さな船に若き女性自衛官が4人もいたことです。 定期客船と違って小さいので、わずか22ノットで3日掛かりでやってきた彼女たちの言葉はとても明るく、ネイビーシップの女性版を見ているようで、とても嬉しく感じました。 ちなみに小さな船ですが、准看護士の資格を持つ女性自衛官が2人いるそうです。 未来の海洋国家日本を担う若き女性を暖かく迎える小笠原島民を含めて、応援したいです。(40周年式典は、海上自衛隊駐屯地の中の体育館で行われました)(2008/07/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長